にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

No.7064 - 今日のひとことログ

更新

■LOG No.7064

にししふぁくとりーHOMEに掲載している「今日のひとこと」の過去ログ(掲載履歴)です。 RSS

No.7064 〔874文字〕

Newsweek今週号が届いた。冒頭のPerspectivesにボリス・ジョンソンが議会で最後に言った言葉として「また会おう、ベイビー。」と書かれていて、「ターミネーター2の有名な決め台詞で締めくくって」と解説されていた。これは「Hasta la vista, baby」の和訳なわけだけども、訳し方にはいくつかバリエーションがあるっぽい。首相を辞任するのに「また会おう」と訳すのもどうなのかと(まあ首相を辞任しても国会議員ではあり続けるので再び議会には来るだろうけども)思ったので、そもそもターミネーター2ではどう訳されていたのかを調べたら、日本語版では「さっさと失せろベイビー」と訳されていたようだ。(笑)
ジョン・コナー: 待ってよ、それじゃだめ。みんなが喋るのを聞いてて覚えなきゃ。「理解した(affirmative)」、なんて言い方は普通の人はしないよ。言うんなら、「ノープロブレム(no problemo)」だ。粋がってる奴をおちょくってやりたきゃ、「ダサいぜ(eat me)」。そいつにケンカを売ってやろうと思ったら、「さっさと失せろベイビー(hasta la vista, baby)」だ
「Hasta la vista」は、主に「しばらく会えないと分かっている」とか「もう会えないかもしれない」みたいな状況で使われるようで、冗談や皮肉で「もう会いたくないけどな!」みたいなニュアンスとしても使われるとか。(ボリス・ジョンソンの議会答弁として)訳すのが難しいな。^^; 動画から感じる雰囲気的には、後者のちょっと茶化した感じにも聞こえるのだが、そうは言っても英国首相には違いないわけだから、乱暴な訳文を付けるわけにはいかないだろうしな……。^^;
20220727235507-nishishi.jpg
なお、今週号には羽生結弦プロ転向の記事が載っているからか(表紙の上端にも出ている)、Amazonでは紙版がプレミア価格になっていた。ただ、載っているのはWorld Affairsのコーナーに6ページだけなのだが(全70ページのNewsweekとしては大きな扱いではある)。
2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2022年6月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2022年7月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

Powered by てがろぐ Ver 3.7.3

--- 当サイト内を検索 ---