にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

No.2899 - 今日のひとことログ

更新

■LOG No.2899

にししふぁくとりーHOMEに掲載している「今日のひとこと」の過去ログ(掲載履歴)です。 RSS

No.2899 〔515文字〕

プラスチックカードに埋め込んであるICチップは、どれくらいの情報を記録可能な容量があるのだろうか。政府はマイナンバーカードを健康保険証の代わりに使えるようにするという方針のようで、それはそれで良いのだが、どうせならお薬手帳の機能も兼ねて、ICチップを読み取るだけで過去の投薬状況を確認できる仕組みがあれば、どこの薬局でも併用禁忌な薬の確認に使えて便利だが。そういう付加価値がないとカードは普及しないのでは。もっとも、行政がそういう付加機能を作ろうとすると、それだけで何千億円と掛かりそうだが(カード側にだけ記録すれば良いなら、単に共通フォーマットを策定するだけで良さそうな気がするのだが、それだけでは足りないだろうか? それともそもそもICチップへの記録可能容量が足りないだろうか?)。しかし、マイナンバーカードの仕組みを用意するだけで既に莫大な金を使っているのだから(同様に大金を投入して作った同種の住民基本台帳カードというのがあったのにそれを廃してまで)、この際、それを徹底的に便利にした方がよいのではないか。少なくとも、健康保険証と運転免許証の機能を兼ねるだけで『全国民に普及させる』という政府の目標を達するのは無理だろう。
Powered by てがろぐ Ver 3.1.0

--- 当サイト内を検索 ---