にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

2023年5月14日の投稿[18件] - 今日のひとことログ

更新

■LOG 2023年5月14日の投稿[18件]

にししふぁくとりーHOMEに掲載している「今日のひとこと」の過去ログ(掲載履歴)です。 RSS

No.9401 〔9文字〕

パインアメ舐める。

No.9400 〔204文字〕

No.9367で述べたお菓子の写真はこれ↓。
ヴァッフェル
この製品名自体にはヴァッフェルという名称は使われていなくて、宗家 源吉兆庵という店で「福渡せんべい」という名称で販売されていた。美味い。(たぶん「洋風せんべい」という名称を元に名付けられたのだと思うが、一般的に「煎餅(せんべい)」と言って想像されるのは米菓のことだと思うので、それとはかけ離れている。)

No.9399 〔270文字〕

Twitterでちらほら麻疹(はしか)の話題が出ていた。どこかで流行っているのか。麻疹の予防接種は数年前に国策で無料接種できたよな……と思ったので自分のブログを検索してみたところ、2020年2月に『風疹と麻疹(はしか)混合の予防接種を公費クーポンで受けてきた』として書いていた。国策で無料だったのは、麻疹ではなく風疹の方だった。ただ、私が行ったクリニックでは「風疹・麻疹混合ワクチン」が使われたので、結果として麻疹のワクチンもタダで打てたことになったのだった。風疹も麻疹も抗体はないだろうと思っていたので、このときに両方打てたのは良かった。

No.9398 〔142文字〕

ちょっと長いのだが最後まで読んで頂きたい。➡『昔々、山に住み着いた鬼が麓の村人達に年一度の生け贄を差し出さねば皆殺しにすると迫った「この風習が今なお…?」』(@Togetter) なるほど、山に座っている鬼だからそう呼ぶのは何もおかしくない、と何の疑問も思わずに読んでいたのだが……。

No.9397 〔8文字〕

はらへった……。

No.9396 〔239文字〕

e-Taxのメッセージボックスに何か連絡が届くと「国税庁からのお知らせ」という件名でお知らせのメールが届くのだが、どんなメッセージが届いたのかはログインしてみないと分からない。ログインするには、ICカードリーダをPCに接続してマイナンバーカードを載せて認証しないといけないのでそこそこ面倒だ。e-Taxに届くメッセージの中には、わりとどうでも良いお知らせもあるので、せめてお知らせメールの中に(届いたメッセージの)件名くらいは載せてくれると事前判断ができてありがたいのだが……。

No.9395 〔180文字〕

昔々から日⇄英辞典には「ジーニアス(英和・和英辞典)」を使っているが(学生時代は紙、今はATOK用の電子版)、よく考えると辞書に「ジーニアス」という名前を付けるのもすごいセンスだな……。だって、もし日本語の辞典で「天才国語辞典」と名付けられているのがあっても、あまり役立ちそうに感じられない……。┌(:3」└)┐ 子ども向けの辞典ならありそうな気もするけども。

No.9394 〔314文字〕

Visual Studio Background Downloadというプロセス(BackgroundDownload.exe)がやたらとゴリゴリとディスクアクセスをするので調べたら、その過程で「Microsoftの開発ツール」という囲みが出てきた。そこに「WiX」という名称があったので(下図)、いつの間にWiXの開発がMicrosoftになったのか、いつ買収されたんだ……? と思ったのだが、私が頭の中で思った「WiX」とは違っていた。
Microsoftの開発ツール
Windows Installer XML toolsetの略でのWiXというツールが存在するようで、ブラウザ上でWebが作れるWix(イスラエル企業のサービス)とは別だった。

No.9393 〔118文字〕

2021年から流通しているはずの、新五百円玉をまだ見かけていない。もしかして、見かけているけど気がついていないだけだろうか……? ただ、旧五百円玉なら見かけるのかというとそうでもなくて、そもそも五百円玉自体を見かける機会がほとんどない。

No.9392 〔299文字〕

一万円札のことを「諭吉」と呼ぶことがあるが、なぜ「福沢」ではないのだろうか? 福沢さんは全国にたくさん居るから呼びにくいのか。諭吉という名前の人も居るだろうけども。肖像が渋沢栄一になる新一万円札は来年から発行されるようだ。漢数字ではなく算用数字の方が大きく掲載されるデザインだが、ゼロが大きく4つ並ぶためかなんか妙にインフレ感がする。いや、今の一万円札にも端に小さく算用数字での記載はあるけども。日本銀行のWebに掲載されている1986年発行停止の聖徳太子な一万円札を見ると、算用数字もそこそこ大きく掲載されていたのだな……。これを見るとあまりインフレ感はしないので、フォントから来る印象だろうか?

No.9391 〔505文字〕

そういえば、クロネコが配達に来たときにはインターホンで「ヤマト運輸です」と言われるが、郵便局が配達に来たときには「郵便局です」とは言われずに「ゆうパックです」とか「書留です」とかサービス名で名乗られるな……。つまり、クロネコは「自分が誰なのか」を述べているのに対して、郵便局は「何を持ってきたのか」を述べている。この差は何だろう? 全国的にそうなのかどうかは知らないが。最初から民間企業だったクロネコと、最初は国営サービスだった郵便局の違いだろうか? 最近は配達に来るのが(郵便局員ではなく)委託業者の配達員なことも多いが、それはクロネコも同じだしな……。で、よく考えたら、クロネコって、社名は「ヤマト運輸」でサービス名は「宅急便」なのよな。では「クロネコ」は何だ?(笑) ロゴか。クロネコという名称で通じるのに、社名でもサービス名でもないとは。クロネコにもサービスは多々あるが、どれにもクロネコの名称は使われていないようだ。ただ、会員サービスの名称は「クロネコメンバーズ」だが。ほかに、社名でもサービス名でもなくロゴで呼ばれている企業はあるだろうか? 一万円札を「諭吉」と呼ぶのに似ている気もしないでもない。

No.9390 〔14文字〕

ねむい……。_(┐「ε:)_

No.9389 〔21文字〕

烏龍茶を飲みつつ珈琲飴を舐めつつ仕事する。

No.9388 〔283文字〕

ジェフ・ベゾスがAmazonを起業する際に、社名としてまずは「カダブラInc」を考えていたが弁護士から反対されてやめたという話で、「てがろぐ」の命名前には別の名称を検討していたな……と思い出した。最初は Simple+Log で Simplog(シンプログ) という名称を考えたのだがやめたのだった。ボツにした理由は、ググると同名のサービスやツールが存在したからだが。シンプログにしなくて良かったと今では強く思う。(笑) たぶん言わなくても50%くらいは伝わるのではないかと思っているのだが、「てがろぐ」の名称は「手軽(Tegaru)+ログ(Log)」の合成である。

No.9387 〔190文字〕

Twitterに広告が流れてくるのは仕方がないので、どうせなら興味のあるジャンルの広告が流れてくるようになれば良いのではないかと思って、興味のあるジャンルの広告はとりあえず単独表示してみているのだが(広告先を見に行くことは滅多にないが)、この操作に意味はあるだろうか……? とらのあなの広告ツイートを最近よく見かける。今までに3パターン遭遇した。なお、リンク先はここだ。
とらのあな

No.9386 〔7文字〕

烏龍茶、飲む。

No.9385 〔121文字〕

昨日、床に膝をついてから、膝がちょっと痛かった。じっとしていれば何もないが、ちょっと動かすと微妙な痛さがある感じで。鋭い痛みではなく、鈍痛みたいな感じだけども。ただ、さっき買い物へ行ってちょっと歩いたところ、いつの間にか問題はなくなっていた。

No.9384 〔24文字〕

仕事していたら、いつの間にか日付が変わっていた。
2023年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2023年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2023年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

Powered by てがろぐ Ver 4.3.2

--- 当サイト内を検索 ---