にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

2021年9月4日の投稿(時系列順)[13件] - 今日のひとことログ

更新

■LOG 2021年9月4日の投稿(時系列順)[13件]

にししふぁくとりーHOMEに掲載している「今日のひとこと」の過去ログ(掲載履歴)です。 RSS

No.4668 〔193文字〕

右脇の下あたりがかゆいのだが、ここは左手でないと掻けない。左腕をそちらの方へ伸ばそうとすると、副反応による痛みで伸ばせない。(笑) いや、伸ばせなくはない(ので無事に掻けた)のだが、ちょっと右手で左腕を押さえつつ、できるだけ左腕が痛くならないように左腕の位置を微調整しながら腕を動かさないと思うように掻けなかった。腕が動かしにくいと、こんな問題が起こるのだとは予想していなかった。^^;

No.4669 〔256文字〕

そういえば、ワクチン接種ブースは右側が壁だったので、左腕に打つことが前提になっている配置のようだった。利き腕とは逆の腕に接種するわけだから、多くの人が右利きだからその配置で問題ないという判断なのだろう。もちろん、左利きの人の右腕に接種するには、打たれる本人が後ろ向きに座れば良いだけなのでさほど困りはしないだろうけども、後ろ向きに座ると後ろのブースに居る人と正面から向かい合うことになるので、やや不自然な感じになっただろうとは思う。いや、打たれるのにかかる時間は1分もなかったので大した問題ではないだろうけども。

No.4670 〔96文字〕

SSDが原因でブルースクリーンが頻発するというケースもあるのか。知らなかった。覚えておこう……。しかし、ここまで原因を追及する姿勢はすごい。私なら途中のどこか(半分より前)で力尽きていそうだ。

No.4671 〔164文字〕

「ブルースクリーン」と書きたかった(打ちたかった)のに「フルースクリーン」と打っていて驚いた。私はローマ字入力をしているので、ブ(BU)とフ(FU)では打つキーが異なる。かな入力だったら濁点キーを押し忘れたとかで納得できるのだが。ブルー(BURU-)と打とうと思っているのにフルー(FURU-)と打ってしまうのは何故なのか……?

No.4672 〔60文字〕

腕の痛みはピークを越えたのかな、という気がする。腕を動かすと、ワクチンを接種した部位の周囲(ほぼ肩)が痛いだけになった。

No.4673 〔72文字〕

何もする気が起きない。_(┐「ε:)_ これはワクチンの副反応だな、と思いたいが、気力が沸かないのは普段からよくあるからな……。_(:3」∠)_

No.4674 〔222文字〕

阪急神戸線の西宮北口駅と武庫之荘駅との間に、武庫川新駅が作られるらしい。へえへえへえ。両駅間3.3kmのちょうど中間あたりに武庫川が流れているのだが、記事によるとこの川の上に駅舎が作られるっぽい。建設が大変そうだが、川の上だと用地の問題がなくて権利関係は簡単に済むのだろうか。……と思ったら、(元々ここにホームを建設する前提だったのかどうかは分からないが)航空写真で見ると上下線路の間に空間が設けられているのでこの空間にホームを増設するっぽい。

No.4675 〔136文字〕

紙幣って偽造防止のために、よほど拡大しないとハッキリ分からない微細な模様とか文字とかが描かれていると思うのだが、どうせなら「弱視者・子ども・外国人など誰にでも読みやすいフォントで描かれています」みたいな注釈文字そのものも細かく描いておけば注目してくれるのではないか。(笑)

No.4676 〔352文字〕

ショートカットキーの説明で、[Ctrl]+[V]ではなく、[V]+[Ctrl]みたいな書き方をしているのを目撃して驚いた。それだとうまくいかないだろう……と思ったのだが、もしかしたらその人は本当に2つのキーを同時に押す人なのかもしれない。[Ctrl]+[V]の意味を『[Ctrl]キーと[V]キーとを同時に押す』だと理解していたら、記述順序はどうでも良いと思えるだろうか? その操作方法だと何回かに1回はうまくいかない場合がありそうだけども。正確な意味は『[Ctrl]キーを押し下げたままで[V]キーを1回押す』だ。だから、クリップボードにある内容を複数回貼り付けたいときには、毎回[Ctrl]キーを離す必要はない。ずっと[Ctrl]キーは押しっぱなしにした状態で、必要な回数だけ[V]キーを押せば良い。

No.4677 〔57文字〕

アメリカも3回目の接種を始めるのか。今月下旬から、2回目から8ヶ月経っている人から3回目を始めると記事に出ていた。

No.4678 〔489文字〕

ワクチン接種後2日目なので風呂にも計2回入ったわけだが、そういえば接種部分に貼られていた絆創膏を貼りっぱなしだった。触れると痛いので触らないようにしていたので絆創膏の存在を思い出さなかった。2cm角くらいしかない小さな絆創膏だが、粘着力はしっかりしているのだな。剥がしたけど血は付いていなかった。血管に刺すわけではないから、血は出ないのか。だとすると絆創膏を貼った意味は、刺したところの衛生確保だろうか? 絆創膏は端3mmくらいが綺麗に折られていて剥がしやすくなっていたのだが、これは元々そういう製品なのだろう。人力にしてはずいぶん均等に綺麗に折られているし(絆創膏をそんな人力で折るのはあまり衛生的ではなさそうだし)、何より折られた部分を除いた面積に対して中央部分にガーゼがあるように見えるので。良くできている。念のためにググってみたら、Amazonでも販売されていた。白十字 注射用保護パッド メディパッチ 2枚目の製品写真が分かりやすい。まさにこれだ。20mm×23mmで、端の3mm部分がツマミになっている。目測で3mmと言ったが正しかったようだ。1枚当たり約4.3円。

No.4679 〔19文字〕

なんか微妙に頭痛がし始めたのだが……。

No.4680 〔90文字〕

コロナ禍が始まるまでは、日常で「ウイルス感染」といえばコンピュータウイルスのことを指したが、今では明確にコンピュータウイルスと言わない限りコロナウィルスのことだと思うようになった。
2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

Powered by てがろぐ Ver 3.4.2

--- 当サイト内を検索 ---