にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

2020年の投稿[1874件](2ページ目) - 今日のひとことログ

更新

■LOG 2020年の投稿[1874件](2ページ目)

にししふぁくとりーHOMEに掲載している「今日のひとこと」の過去ログ(掲載履歴)です。 RSS

No.2302 〔573文字〕

てがろぐCGIに、任意の投稿を先頭に固定する機能を加えつつあって、ほぼ実装できた。固定する投稿は1つではなく、いくつでも好きなだけ先頭に連続して配置できる仕様になった。順序も任意に指定可能だ。この機能を実装したのは、そういう要望があったからというのもあるが、(てがろぐCGIの前身でもある)Fumy News Clipperを完全に置き換えられるようにするためでもある。Fumy News Clipperにあって、てがろぐにない大きな機能として、これまで「カテゴリ」と「TOP固定」と「サイトマップ」があったので。カテゴリは Ver 3.0.0 で実装できた。Fumy News Clipperよりも遙かに高機能なカテゴリ機能だ。TOP固定機能もFumy News Clipperよりも高機能になっている。なので、あとはサイトマップ生成機能も作りたいのだが、次に作るかどうかはまだ決めていない。もっとも、てがろぐとFumy News Clipperでは投稿フォームの入力欄の数が異なるので、完全に置き換えられるかどうかは微妙なところかも知れないが。てがろぐには投稿本文を1行ずつ分解して役割を割り振る機能もあるので、入力欄が1つだけでありながら、タイトル・リンク・本文などと分解掲載することも可能ではあるのだが。(分かりやすいかどうかはともかく)

No.2301 〔227文字〕

お釣りの計算ができるかどうか云々の前に、お釣りの概念が分からない小学生が居るという話。親と買い物に行っても現金では買い物しないからのようだ。合計93円の買い物時に103円を出して十円玉1枚のお釣りをもらう、というレジでの行動も、もはや令和の時代にはなくなるのかもしれぬ。私も最近ではほとんど電子マネーで決済するが、百円ショップは現金しか受け付けてくれないので、飴袋2つ合計216円の買い物で221円を出して五円玉1枚をお釣りにもらう、とかよくあるのだが。

No.2300 〔411文字〕

6畳に2人って居住可能なのか。これまでの漫画で「狭い」とは何度も出てきていたけども、まさか6畳だとは思わなかった。もしかして、6畳の中に台所と風呂とトイレがあるのか。それとも、それらは除外したスペースが6畳なのだろうか。どちらにしても狭いけども。衝撃である。過去の漫画で光熱費節約のために風呂は常に2人で一緒だと描かれていたが、たしかにこの間取りでこの風呂なら、1人ずつ入ろうが2人で入ろうがプライバシーは1ミリもない点に変わりないよなと納得。いや、でもこの狭さだからこそ2人一緒に入るのは難しい気もしないでもないのだが。(笑) すごいな。この空間に10年以上も夫婦2人で住めるとは、これ以上ないほど相当に究極的に仲が良くないと不可能だろう。この住居でもネット環境は光回線だというのもすごい話だが。過去の漫画でも日常的にぴったりくっついてはいたが、まさか物理的に離れる余地がほとんどない空間に住んでいるとは想像しなかった。

No.2299 〔81文字〕

日本のmixiとは全く関係のない、Mixi(Mixi.Media)というニュース集約サイトが2018年にできていたのか。アレックス・バロンという人が作ったらしい

No.2298 〔4文字〕

ねむい。

No.2297 〔57文字〕

今日は寒いな。雨だ。天気予報を改めて見てみたら、日中の気温は18度くらいまでしか上がらないっぽい。秋はどこへ……。

No.2296 〔15文字〕

今日は空が曇っているので暗い。

No.2295 〔25文字〕

予想通り、クッキリ口内炎になっておる。>>2283

No.2294 〔105文字〕

昔のDVD(製造からずいぶんな年数が経過しているDVD)とかの光メディアで、記録面が所々白く濁ってしまうのは何が原因なんだろうか。カビ? 表面に問題があるわけではなく、内側に白い濁りが広がっている感じなのだが。

No.2293 〔29文字〕

20年前に焼いた安物のCD-Rが今でも読めるかどうか……。

No.2292 〔78文字〕

上空からの写真を見ると、そんなに広いわけでもなさそうに感じたのだけど、これを建設するのに3年で600億円もかかるのか……。スーパー・ニンテンドー・ワールド

No.2291 〔287文字〕

やっぱりあの英文ダメだったのか。まさか首相が外国首脳に宛てた英文を外務省なり何なりが監修していないわけがないと思ったので、まあそんなもんなのかな、とも思わなくもなかったのだが。やはりダメだったのか……。危ない。英語そのものとは何も関係ないのだが、引用リツイートの形で返信しているのに、わざわざ「when I read your tweet saying that you and Madam First Lady tested positive for COVID-19.」と書く必要あるかね……? 英文だけでなく、SNS自体も使えるスタッフに任せた方が良いのではないか。

No.2290 〔138文字〕

超能力者という意味のエスパー(esper)って和製英語だったのか……。
20201007181714-nishishi.png
英語の辞書には載っていなくて、大辞林には「和製語」として載っていた。英語圏でもEsperという人名ならあるけど(今の米国防長官の名前がマーク・エスパーでスペルもEsper)、英単語としてはなかったのか。

No.2289 〔221文字〕

さくらのレンタルサーバが15周年」という記事が出ていたのだが、私がさくらインターネットでレンタルサーバを最初に契約したのは2000年の秋頃だったのでほぼ20年くらい前だ。なんで15年? ……と思ったのだが、さくらインターネットが格安レンタルサーバ化されてからが15年なのだった。最初に契約してから格安化されるまでの5年間にいくら払っていたのかはもう忘れてしまったが、たぶん年額1万5千円くらい払っていたのだろうか。安くなってくれて良かった。

No.2288 〔263文字〕

最近のブラウザはアドレス欄が検索窓を兼ねているが、私はアドレス欄とは別に検索窓を表示させて使う方が好みだ。アドレス欄に検索語を打つと、検索結果ページに移動した時点で入力内容が(URLに置き換わるので)消えてしまう。専用の検索窓だと、自分で消すか書き換えるまではずっと「前回の検索語」が検索窓に残り続けるので、検索語の一部を修正したり追加したりしての追加検索がしやすい。ブラウザのアドレス欄が検索窓を兼ねるようになった理由は、「その方が便利だから」ではなく、「アドレス入力欄と検索窓の区別が付かないユーザ」に配慮した結果らしい

No.2287 〔57文字〕

Van Halenってそんなに若かったのか。アルバム「1984」はPCに取り込んである。(Jumpが含まれている)

No.2286 〔538文字〕

三井住友銀行が特定の口座に口座維持手数料を課すという記事が出ていた。出入金が2年以上ない上に、預金残高が少なく、ネット取引もない口座に年間1,100円の手数料を課すらしい。具体的に残高いくらが閾値なのかは書かれていなかったが。三井住友銀行には普通預金口座のほかに貯蓄預金口座というのもあり、それぞれ別個に判断されるのだろうか? と思ったのだが、そもそも「来年4月以降に開設する口座」が対象とのことなので、既存の口座には影響ないようだ。昔は、普通預金と貯蓄預金では金利が異なっていた。今は同じだし、そもそも既に貯蓄預金口座の新規開設はできなくなっているのだが。貯蓄預金はたぶん旧住友銀行側の仕様だったのではないか。新規に口座を開設したら、標準で普通預金口座と貯蓄預金口座の両方が開設されたのだったような気がする。どちらの口座でもいつでも出し入れできるので、単に名称が異なるだけで実質は同じ普通預金口座が2つあるようなものだった。「月末に一定額以上の残高が普通預金口座にあったら、指定額を貯蓄預金口座に移す」というような自動移行サービスがあった。いつでも引き出せるのだが、心理的に消費しにくくする効果を狙った口座だったのだろう。やめたということは、効果がなかったのか。(^_^;)

No.2285 〔61文字〕

トイレの温度計が17度だった。寒い。ついこの前まで28度とかだったのに。どういうことだ……。自室の温度計は23.3度だが。

No.2284 〔22文字〕

寒い。突然冬になった。秋はどこへ行った……?

No.2283 〔97文字〕

夕飯に魚を食べていたら、唇の内側を噛んだ……。血の味がする……。(☍﹏⁰) 今は特に痛くはないのだが、鏡で確認するとそこそこ凹んでいた。これは明日には口内炎になっているパターン……。○| ̄|_

No.2282 〔228文字〕

Newsweek先週号(写真右)をギリギリ読み終わった。昼頃にNewsweek今週号(写真左)が届いた。
20201006181117-nishishi.jpg
あと、3月に入院したために自宅で積ん読になっていたNewsweek 3/17号も読んだ。7ヶ月前の号だ。この号も感染症特集で表紙には「感染症vs人類」と書かれていた。3月上旬頃にCOVID-19がどんな感じに捉えられていたのかを意図せず振り返れてちょっとおもしろい。アメリカ大統領選では、この頃はまだ民主党内でバイデンとサンダースが競っていたのか。

No.2281 〔10文字〕

目が乾く。(>_<)

No.2280 〔173文字〕

今年のノーベル賞の発表は昨日からだったよな……と今思い出した。調べてみると、昨日発表された医学生理学賞ではアメリカ人とイギリス人の計3人が受賞したようだ。在籍しているのはアメリカの大学とカナダの大学っぽいので、3人のうちの誰がイギリス人なのか分からなかったが。いや、もっと詳しく調べれば簡単に分かるだろうが、そこまで興味がないので調べてはいない。

No.2279 〔38文字〕

昨夜はちょっと寒いかもしれないと感じるタイミングが2度くらいあった気がする。

No.2278 〔20文字〕

今日の日中はそこそこ涼しかった気がする。

No.2277 〔58文字〕

自動車の使用頻度が激減したので、ガソリンが全然減らない。今日で前回の給油から2ヶ月なのだが、まだ半分も減っていない。

No.2276 〔47文字〕

ワクチンの開発はまだでも、発症者にそれなりに有効な薬は確立されつつあるということなのだろうか。

No.2275 〔24文字〕

ちょっとだけ昼寝した。そこそこ回復した気がする。

No.2274 〔4文字〕

ねむい。

No.2273 〔54文字〕

溜まっていたNewsweekを3冊(=3週間分)読んだ。最新号はまだだ。しかし次の号が明後日に届いてしまう。

No.2272 〔510文字〕

私が普段使っている30cm定規は、太陽神戸三井銀行という金色の刻印があるプラスチック製の定規だ。太陽神戸三井銀行はその後「さくら銀行」と名前を変えてから住友銀行と合併した結果、現在の三井住友銀行になっている。この定規が作られた時代には、銀行がこのようなグッズを作って無料配布するような余裕のある頃だったのだ。いつ頃かな、と思ってググったところ、太陽神戸銀行と三井銀行が合併して太陽神戸三井銀行になったのが1990年4月。その長すぎる名称を「さくら銀行」に改称したのが2年後の1992年4月だった。なるほどそんなバブリーな頃なら、銀行が定規グッズを作って配っていてもおかしくない。ただ、バブル崩壊期間は1991年~1993年あたりらしいので、1990年の改称後すぐに作られたグッズなのだろう。銀行名入りで定規のようなそこそこ後に残るものを作るなら、たぶん新名称を浸透させるためとか何かそんな理由もありそうな気がする。今、銀行が配るものって何かあるだろうか。窓口に行かないのでさっぱり知らないが、ポケットティッシュくらいはあるかもしれない。年末になるとカレンダーの配布は今でもやっているのは知っているが(うちに貼ってある)。

No.2271 〔336文字〕

何気なく読み飛ばしそうになってふと気付いたのだが、この記事にあるような写真って、わざわざこの記事のためにセットして撮影したのよな。ORACLEのロゴの下でショッピングカートに入れられたスマートフォン(TikTokロゴ入り)なんて画像が元々あるわけないのだから。
20201004205632-nishishi.jpg
写真はNewsweekの先週号の見開きだ。こういう写真を用意する専門の要員が居るのだろうか。たいていの記事では、記事に沿った実際の写真(人物だったり現象だったり建物だったり)が掲載されているが、時々こういうのがあって「わざわざセットして写真撮ったんだな」とちょっと気になる。ちなみに、オラクルについてはあまり肯定的には語られていない記事だった。まあ、肯定的に語るだけの場合はここまでの分量にならないだろうが。

No.2270 〔32文字〕

「涼宮ハルヒの直観」の書影が出ていた。発売はまだ約8週間先だが。

No.2269 〔275文字〕

モバイルルータには通信量のカウント機能があるのだが、昨日はたしか400MB近く通信したはずなのだが履歴が飛んでしまったのか、なぜか6.69KBしか通信していない記録になっていた。SIM側の記録をプロバイダサイトで確認すると、昨日は417MBほど通信した記録になっている。確認すると、一昨日のデータも一致していなかった。ルータ側では56.33MBの通信量になっていたが、プロバイダ側では74MBと記録されている。うーむ、ルータ側の記録があまり信用できないとなると、通信総量の把握のためにルータのコントロールパネルにアクセスしてもあまり意味がなさそうだ。

No.2268 〔89文字〕

Unicodeには続々と新しい絵文字が追加されているが、古い環境でどの範囲まで表示可能なのかの情報も一覧で閲覧できると便利なのだが、どこかにそういう情報はまとまっていないものか。

No.2267 〔771文字〕 📝

「abandonedly」って英語の辞書に載っていなかったのだが英語ではないのだろうか? と思ったが「abandoned」という単語はあるのか。「fly abandonedly into the sun」をGoogle翻訳にかけると「放棄されて太陽に飛ぶ」という和訳になったが、DeepL翻訳にかけると「日向ぼっこをする」という訳語になった。ええ!? ずいぶん違うな。前者はいかにも直訳で、後者はいかにも意訳のように感じられるけど、文脈からするとどちらも違うような気もしているのだが。(笑) DeepLの場合は特に前後の文も含めて訳せばまた違った和訳になりそうだが、文章ではなくて歌詞だから元々ぶつ切りなのだ。……と思ったが物は試しに、と思って「Spread your wings and prepare to fly. For you have become a butterfly. Fly abandonedly into the sun.」の3文をDeepLで翻訳してみると「翼を広げ、飛ぶ準備をしなさい。あなたは蝶になったのだから。太陽に向かって放心して飛べ。」となった。なるほど、それっぽい。ちなみにこれをGoogle翻訳で和訳すると「翼を広げて飛ぶ準備をしてください。あなたは蝶になっているからです。放棄されて太陽に飛ぶ。」で、懸案の文(=3文目)の訳は同じだった。まあ普通の翻訳ソフトならそうだろう。そういう意味ではやはりDeepLの訳し方がすごいのだな。しかし、最初の「日向ぼっこをする」はどこから出てきたのか。いや、意訳として分からなくはないのだけど(ここでの意味は違うと思うが)。むしろ、最初にその訳を引っ張り出してきたことの方がすごい気もしてきた。ちなみに、マライア・キャリーのButterflyという曲の歌詞である。

No.2266 〔106文字〕

犬夜叉アニメって16年も前だっけ……と思ったら、夕方のコナン時間帯に放送されていたシリーズが16年前なのか。犬夜叉完結編は深夜で2010年まで放送されていたらしい。……が、それでも10年前なのか。いつの間に……。

No.2264 〔92文字〕

ここで何度かつぶやいたが、電話回線の再故障(発信も着信もできない)でNTTの修理担当者が電柱に登って作業しに来た話をブログ記事にまとめた。もしかしたら誰かの参考になるかも知れないから。

No.2263 〔117文字〕

今年の10月第2月曜日は祝日ではなく平日だ。オリンピックのために移動させられたために。しかし開催されなかったわけだが。来年はどうするのだろうか。……と思ってググったところ、来年も同じように移動するようだ。果たして本当に開催されるのか。

No.2262 〔36文字〕

昨夜はトータルで8時間くらい寝たはずだが、細切れだったためか、いま眠い。

No.2261 〔194文字〕

3月に入院して以後は、たくさん食べるのが怖くなった。食べた物が腸に到達するまでには3時間くらいかかるので、食べている最中にはその後どうなるかが全く予想できない。3時間後くらいに腹痛がし始めたとしても、そのときには全て食べた後なので、どうしようもないのだ。そういう恐怖があるので、食べ過ぎないように注意するようになったから、外出の頻度が大幅に減っても体重が増えずに済んでいるのかも知れない。

No.2260 〔335文字〕

トランプ、でかいなとは思っていたけども身長は190cmもあるのか。体重は110kgとか。体重がありすぎると自分の身体が重たくて歩くの大変ではないだろうか。筋肉があればそうでもないのか。私も一時期69kgくらいまで増加したことがあったが(増加分はすべて脂肪だ)、だいたい67~8kgくらいを超えると、駅の階段とかを数歩上っただけで息が切れるのな……。BMIの指標が役立つのかどうかはともかくとして、現在の私はBMI的には「標準」の範囲内ではある。過去にも書いたような気がするが、3月に2週間ほど入院して6kg減り、(退院してからの一連の食事量制限期間も含めると)さらに1kg減って、計7kgくらい減った。リバウンドはそんなにしていない。2kgくらいは増えている気はするが。

No.2259 〔221文字〕 🔨

たくさんのファイルをFTPでサーバにUPしようとする際は、1ファイルずつUPするよりも、全構成ファイルを1つのZIPにまとめておいて、FTPではその1ファイルだけをUPしておき、サーバ上で展開する方が圧倒的に速く済む。レンタルサーバ会社は、サーバ上でZIPを展開できる機能をコントロールパネルに用意しておけば、ずいぶん便利になるのではないか。(SSHでシェルにログインする機能があるなら、人力でzipコマンドを使うことで展開はできるのだが。)

No.2258 〔204文字〕

WSJ記事の出だし「今年の米大統領選は決して伝統的なお決まりの道筋をたどったことはなかったが、今や完全な未知の海域に入り込んでいる」にちょっと笑った。ちなみに原文は「A presidential campaign that never was on a traditional or predictable course now is in completely uncharted waters.」だった。

No.2257 〔4文字〕

ねむい。

No.2256 〔21文字〕

廃止する気のある人がすれば廃止できるのな。

No.2255 〔47文字〕

なんか妙に近寄ってくる虫が居るなと思ったら、蚊だった。ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

No.2254 〔40文字〕

ニュース記事に米農家という単語が出てくると、つい「アメリカ農家」と読んでしまう。

No.2253 〔183文字〕

トランプ夫妻がCOVID-19陽性だと記事が出ていた。第2回の討論会はどうなることかと思っていたが、この分だと開催は流れるのだろうかな。第1回の討論会で司会者やバイデンとどれくらい接近していただろうか?^^; 記事を見る限りは(討論会の最中では)距離はあったが、開催前後に接近していなかったかどうかは分からない。ああいう討論会って、最初と最後に握手とかするんだっけ?

No.2252 〔39文字〕

たとえ普通の速度で走っているバイクでも、バイクの真後ろは走りたくないものだが。

No.2251 〔311文字〕

時速30kmで走るバイクの後ろを自動車では走りたくない。単に遅いだけではなく、景色を観賞しながら走っているのか、真横をチラチラ見ながらふらふら走っているバイクだったのでなおさら。ふらふらしているのでギリギリ傍を抜くような追い越し方は危険なので、なかなか追い越せるポイントがなかった。別にそれで私がイライラすることはないのだが(急いでいるわけでもないし)、後ろを走っている車にはその事情がたぶん伝わらないだろうから、後ろの車の運転手がイラつかないかが少々心配にはなった。幸い右折用に道路が一時的に2車線になったところで追い越せたのだが。そういうのがなかったら、ずっと時速30kmで走る羽目になってちょっと困ったかもしれない。

No.2250 〔356文字〕

カセットテープをMP3データ化してくれるレコーダって、ずいぶん小型な製品が多数あって、わずか2,000円程度で購入可能なのか。オートリバース機能があって、無音部分でファイルを分割してくれる機能くらいは当たり前にあるようだ。カセットテープも音楽CDも多数あるのだが、物理メディアにしか入っていないとまず聴かないので、デジタル化してしまいたい。CDのリッピングは今でも可能だが、面倒なのでさっぱり進んでいない。だから、カセットテープをMP3化する機器を買っても、実際のデジタル化作業はなかなか進まないだろうと予想できる。なのでまだ買っていない。物理メディアは劣化していくのでタイムリミットはあるとは思うのだが(いや、とっくに過ぎているかもしれないが)。なお、最近では(ほぼ)最初からデジタルデータな状態で買っている。

No.2249 〔103文字〕

外部のWebサイトから何か情報を引っ張ってくる処理を書こうと思ったら、PerlよりもPHPの方が圧倒的に楽だ。(ブラウザ上で動作する)JavaScriptと比較しても、PHPで書く方が楽ではないか。たぶん。

No.2248 〔300文字〕

サブウェイのパンがアイルランドではパンだと認められなくなったらしい。パンにそんな定義があるのかと思ったら、アイルランドでは「パンと定義されるには生地に含まれる糖分の比率を2%未満にする必要がある」と決まっていて、これを満たしていれば付加価値税の対象外にできるらしい。サブウェイのパンには10%の糖分が含まれていたとのことだけど、日本で販売されている食パンとかだと糖分はどれくらいなのだろうか。そういえば、そんなこと気にしたことがない。100%ライ麦パンは糖分0%という解釈で良いのだろうか。^^; 全然甘くないし(むしろ酸っぱい)。サブウェイは注文の仕方を把握していないので、1度も使ったことがない。

No.2247 〔468文字〕

主にデータを格納しているパーティションは、毎日の夜に自動バックアップされる設定にしてあるのだが、バックアップファイルには1から順番に連番が振られる。普段はさっぱり気にしていなかったのだが、この番号が3,455だった。つまり、3,455日間ほどバックアップされていたということだ。もちろん過去のバックアップ全部のファイルが残っているわけではない。ただ、既存のバックアップファイル全部を一括して消すことはないので、常に最新(最後尾)の番号は維持されているから、リセットされることなく連番が維持される。夜に毎日PCの電源が入っているとは限らないので、連続で3,455日というわけではないが。365で割ると9.46くらいなので、「9年半」分くらいバックアップされていたことになる。その点からも、やはり前のデータ格納用HDDは10年使っていたのだ。HDDを物理的に新しく交換すると(たとえクローンを作成して前のパーティションを引き継いでいても)バックアップスケジュールを作り直さないといけない仕様なので、ファイル名はまた1からのスタートになった。

No.2246 〔97文字〕

格安SIM系サービスのうちdocomoが発行するSIMは、解約したらSIMの返却を求められる。しかし、あんなチップの欠片を再利用するわけでもないだろうに、返却させてその後どうしているのだろうか?

No.2245 〔20文字〕

ちょっと面白かった。→竹書房退職エントリ

No.2244 〔27文字〕

noteってログインしていなくてもハートは押せるのか。

No.2243 〔89文字〕

Pixiv Pay終了というニュースが流れてきて初めて、そんな決済サービスが存在していたのかと知った。即売会でQRコード決済を提供することを前提にしていたっぽいような説明だった。

No.2242 〔45文字〕

そういえば、夕方に暗くなるのが早まった気がする。秋分の日も過ぎたのだから当たり前だけども。

No.2241 〔29文字〕

てがろぐVer 3.0.0正式版をようやくリリースできた。

No.2240 〔369文字〕 📝

kohprpと入力して漢字変換すると一旦は「個hprp」になるのだが、ちゃんと修復変換候補として「時頃」を出してくれるATOK。すごいと思うのは、全部のキーが1つずつ右にずれているというわけではないのに、ちゃんと「時頃」を出してくれる点だ。本当ならjigoroと入力しなければならないのだから、もし右隣に1個ずつずれたキーを押したならkohptpになる。しかし、rだけは正しく入力できていたので、打ったキーはkohprpだ。それでも「時頃」が修復変換として出てくる。よくできているものだと感心した。この機能ができてからは、多少の打ち間違い(たいていは同じキーを押しすぎる間違い)に気付いてもそのまま強引に変換キーを押すようになった。だいたい7割くらいは、意図したとおりの良い感じに修復して変換結果を出してくれる気がしている。とても便利だ。

No.2239 〔10文字〕

いつの間にか10月。

No.2238 〔62文字〕

アメリカ大統領選挙の討論会はもうあったのか。もうちょっと先かと思っていた。記事によると「討論」にはなっていなかったようだが。

No.2237 〔226文字〕

そもそもサービス側もパスワードを平文で保存しないで欲しいのだが。情報流出時に被害拡大の恐れが大きいのは生のパスワードがそのまま流出してしまった場合なのだから。ふつう、一度暗号化した情報は復号化することで利用するが、パスワードの一致判定に限っては暗号化した後で復号化する必要がない。なので、技術的に復号化できない方法を使って暗号化すれば良い。なぜパスワードを復号化する必要がないのかは、昔々にブログに書いた。→暗号化したパスワードは、復号化する必要はない

No.2236 〔306文字〕

義務教育でもない高校へも、中学から指導要録なる書類が届けられる仕組みなのか。そういえば、受験時には受験票と本人の顔確認が実施されるだろうが、合格後に登校してきた人物が受験者と同一かどうかはチェックされていないのではないか。高校でも大学でも、そんなことをチェックされた記憶がない。学生証のために証明写真の提出が必要だが、そのときに受験票用の写真と照合されている可能性もなくはないが。しかし、開成高校でなりすまし登校があったことからして、そのような照合はしていなさそうだ。この開成に合格した方の人物は、どこの高校へ行ったのだろうか。灘にでも合格していたのか。しかし、高校ってそんなにたくさん受験できるものだったっけ?

No.2235 〔80文字〕

ロードス島戦記の新シリーズ(誓約の宝冠)は、そういえば年1冊ペースくらいで出したいというような話をされていたような気がしたが、第2巻は結局どうなったのだろうか。

No.2234 〔31文字〕

アメリカ大統領選挙まであと5週間しかないのか。いつの間に……。

No.2232 〔101文字〕

朝起きたら、右手の感覚がおかしかった。痺れているわけではないが、微妙に力が入らないというか、指が上手く(普段のようには)動かしにくいというか。右腕を身体の下に敷いて寝ていたとかで血流が滞ったのだろうか?

No.2231 〔33文字〕

そういえばまだ立皇嗣の礼が残っていたのか。一連の代替わり儀式では。

No.2230 〔161文字〕 📗

続刊の発売を心待ちにしていたのはこれだ。
20200928212728-nishishi.jpg
さよならの言い方なんて知らない。」第4巻(新潮文庫nex)。写真は左が新刊、右が既刊。前巻がどんな終わりだったかをしっかり確認してから新刊を読まねば、と思ったので第3巻を本棚から出していて、終わり部分だけをいま読み返した。ああ、こんな終わりだったっけ。と、ずいぶん忘れていた。

No.2229 〔81文字〕

さすがにドライアイ用として販売されている目薬だけあって、差すとしっかり目が潤うのが実感できて、普通に目を開けていられるようになる。今のところ使っているのはこれだ。

No.2228 〔175文字〕

PCで仕事していると、瞬きの回数が減少するためか目が乾いて開けていられなくなる。なのでドライアイ用の目薬を差して目を潤す必要がある。のだが、目薬を差すのがなかなか難しい。1滴落ちてくるタイミングでまぶたがしっかり開いているケースはほぼない。したがって現実的なのは、目の付近に何滴か落とせばそのうち伝って目に入ってくれるかな、というような差し方である。

No.2227 〔41文字〕

リムカを使い切った。いつ買ったんだったか。もしかすると20年くらい前かも知れない。

No.2226 〔89文字〕

続刊の発売を待っていた小説が今日届く予定なので楽しみだ。ゆうパケットの荷物追跡によると、今朝には地元の郵便局に届いていて、今は配達のために持ち出されているようだ。はよ来んかなー。

No.2225 〔613文字〕 📋

JR東日本の「Suicaでポイントが貯まる!」というTVCMが大阪の放送局で流れていて驚いた。関西人にもICOCAではなくSuicaを持たせようということか。しかし、関西圏にSuicaを購入できる場所があるのだろうか。あってもSuicaを持つメリットがなさそうだが。視聴者が「Suicaでポイントが貯まるならICOCAでも貯まるだろう」という連想をしてくれることを狙って(脱線事故以後)TVCMを一切流さなくなったJR西日本の代わりに東日本が流したのだろうか。そんなわけないか。しかし、TVでCMしても、日常的に電車に乗らない人が鉄道系の電子マネーを持つメリットは低いと思うのだが(もっとお得にポイントが貯まる電子マネーが他にあるだろう)。私が主な決済にICOCA(正確にはSmart ICOCA)を使うのは、それが定期券だからだ。常に持たざるを得ないカードであり、定期入れに入っていて財布よりも早く出せる上に、毎日通る改札機で残額を把握でき、駅の券売機でチャージできる利便性がある。日常的に電車に乗らない場合は、どれも利点にならないのではないか。なお、ICOCAではなくSmart ICOCAを使っているのは、クレジットカードと紐付けることで現金不要でチャージできる上に、クレジットカード側のポイントが貯まるからだ。SmartではないICOCA(=現金チャージのみ)だと電子マネーとして使うメリットはあまりなさそうに感じる。

No.2224 〔355文字〕 📖

今回の問題の前に2度同じ現象が発生してその都度修理して頂いたこととか、電話機側でも壁側でもモジュラーケーブルの接続はちゃんと確認したこととか、NTTの故障受付電話(113)で話すのはかなり難しそうに感じる。トラブルの現象をWeb上から800文字まで入力して送信できる仕組みがあったから、かなりスムーズに手続きが進んだのは良かった(NTT側から最初に折り返しの電話があった時点で、もう工事手配する前提だったようだ)。NTTがWebを活用してくれていて良かった。NTTはほとんど競争に晒されていない企業だから、あまり改善のインセンティブが働かないと思っていたのだが。最近は電話(音声通話)自体の利用が減ってきて利益も減少しているから、人件費を削減しようという意図でWebを活用するようになった、ということだろうか。

No.2223 〔390文字〕 📖

NTT修理担当者が来訪。今回も電柱に登って電話しながら修理工事。自宅の固定電話は無事に繋がるようになった。しかし、使用するラインを変更しただけで抜本的な解決ができたわけではない様子だったが。担当者さんは、1週間以内に再度問題が起きたら事務所に直接電話をくれと名刺を置いて帰った。「113に電話するとたらい回しにされるでしょうから」とのこと。よく分かっている。(ちなみに固定電話が完全に繋がらない現象なのだから113へは電話できないのだが。)NTT西日本のロゴが入った名刺ではあったが、「(サービス運営業務委託社員)」と括弧付きで書かれていた。NTTに雇用されているわけではなく、NTTから委託された別会社の社員さんだったようだ。別の株式会社の名称も書いてあった。ただ、その会社が収容されているビルは「NTT」の名前を冠したビルだったけども。NTT資本も入っている会社なのだろうか。

No.2222 〔105文字〕

CGIに発生している複数の問題について、原因になっているコードが存在する位置をソースコードの中から特定した。さほどの難題はない(と今のところ思っている)ので、明日に時間が取れれば一気に修正できるような気がする。

No.2221 〔321文字〕

Android版のGoogle Authenticatorにはインポート・エクスポート機能があるが、iOS版のGoogle Authenticatorにはまだないのか。移行用のQRコードを生成するだけっぽいので、Android版で実現できているならiOS版に移植するのも簡単だと思うのだが、そうではない何か理由があるのだろうか。試してはいないのだが、Android版のメニューを見ると「アカウント移行」のように表記されていたのが気になる。もしかして「移行」すると、現在の端末からは認証情報が削除されてしまうだろうか。移行というよりもコピーしたいのだが。二段階認証が可能な端末が1つしかないと不安なので、せめて2台に同じ情報を持たせておきたい。

No.2220 〔55文字〕 📖

日曜日でも大丈夫だった。NTTの故障修理担当者は明日来てくれるらしい。果たして抜本的な解決ができるのかどうか。

No.2219 〔208文字〕 📖

2週間前に来たNTTの修理担当者さんによると「ここはケーブルがあまり良くないようだが新品には交換できないので、また何かあったら電話下さい」とのことだったので、また故障すると予想できる何かがあるのだろうと思ってはいたが、まさか2週間で再度故障するとは。普段、電話を使うことが滅多にないので、たまたま今日気がついただけだから、実際には修理後1週間で故障していた可能性もある。そういえばここ1週間くらい着信がない気がする。

No.2218 〔114文字〕 📖

というわけで、またNTTの故障受付Webに情報を書いて送信した。前回は送信から1時間と掛からずにNTTから電話があったが、今日は日曜日だからどうだろうかな。まさか故障受付窓口が日曜日だから休んでいるということはないと思いたいが。

No.2217 〔340文字〕 📖

また自宅の固定電話が繋がらなくなった! 2週間前に電柱に登って修理してもらったばかりなのに。どうなっているのだ、うちの電話回線……。ネット接続が電話回線に依存していなくて良かった……。過去2度の現象では「受話器を上げてもツーという音が聞こえず発信も着信もできない」というもので、それは今回も同じだったのだが、従来は「携帯電話から固定電話にダイヤルすると呼び出し音が聞こえる(固定電話側では鳴らない)」というものだったが、今回は「携帯電話から固定電話にダイヤルすると話し中の音が聞こえる」というもので、そこだけが異なる。あと、受話器を上げてから3~4秒後くらいにカチャッという謎の音が1度だけ聞こえる。これは受話器を上げる度に毎回する。何がどうなってそんな現象になっているのか……。

No.2216 〔84文字〕

以前、「LINE文庫」という新しい文庫が創刊されたよな、と思ったのだが最近耳にしないのでどうなっているのだろうかと思って検索してみたら、1年でレーベル廃止になっていた。

No.2215 〔348文字〕

鞄の底がいつの間にか濡れていて、中に入れていたNewsweekの端が濡れていた……。(´・ω・`) 一瞬、ペットボトルが漏れたのかと思ったのだけどもそうではなかったので、雨の中を歩いた際に(そこそこ斜めに降っていたので)濡れてしまったのだろうか。幸い、PCはインナーバッグに入っていたためか無事だった。モバイルルータは軽い防水になりそうなジッパー付きの入れ物に入っていたので無事だった。タブレットは今日は持ち出していないので鞄に入っていない。Newsweekは読んだら捨てるので別に構わないのだが、レポート用紙の端も濡れて皺になってしまっていた……。まあ、最近レポート用紙を使う機会がなかったし、そもそも大きめのメモ用途として入れていただけだから、端が多少皺になっている程度は構わないのだけども。

No.2214 〔123文字〕

鞄とかに釣り下げて示せるヘルプマークは、ああいう大量生産品みたいなのではなくて、偽造が困難な物体で顔写真くらいは付いている物を政府が給付しないと、一見して障害者に見えないような人が「嘘で付けているのではないか」と見られてしまうのを防げないのでは。

No.2213 〔146文字〕

CSSソースをインデントなしで記述している人々って、どうやってソースを読み返しているのだろうか……? 出力ソース上でインデントされていないだけであって、統合開発環境的なソフトウェア側が画面上ではインデントしているのだろうか。しかし、そうだとすると無駄な空白や改行が含まれている気もするのだが。

No.2212 〔67文字〕

大学芋フラペチーノ、本当に大学芋の味がすごくする。
20200925110308-nishishi.jpg
まあ、これは1回でいいな……。(^_^;) いや、甘くて美味いのは美味いのだが。

No.2211 〔37文字〕

プレイステーションの開発拠点ってアメリカに移転していたのか。2016年に。

No.2210 〔31文字〕

へえ、信用金庫や農協が発行する通帳には印紙税は掛からないのか。

No.2209 〔128文字〕

予想していたとおり、今月下旬に突入してから仕事が忙しくなった。今日は(もう「昨日は」だが)仕事以外のことはほとんどしていない。(と言いつつHDDの交換はしたが。それは、大半の工程が待ち時間であり、仕事は仕事用PCでするので、仕事と並行して作業できたのだ。)

No.2208 〔77文字〕

ドコモよりゆうちょの方が酷かったというが。キャッシュレス決済経由の不正出金が2017年から約150件あったのに、補償が済んでいるのは3分の1程度だとか。

No.2207 〔436文字〕 📖

旧HDDから新HDDへのクローン作業は、日常的に自動バックアップ用途に使っているAcronis True Imageのクローン作成機能を使った。
20200924233254-nishishi.jpg
のだが、なぜかドライブレターを引き継いでくれなくて困った。旧HDDは先頭のパーティションから順に、Iドライブ→Tドライブ→Dドライブ→Eドライブ→Fドライブ→Vドライブに割り振っていたのだが、クローニングした新HDDを接続したら、頭から順にDドライブ→Eドライブ……Iドライブになってしまった。もちろんすぐに修正したのだが、システムファイルとかアプリケーションのキャッシュがIドライブに作成されるように作ってあったので、本来はVドライブになるはずのパーティションにキャッシュファイルがいくらか書き込まれてしまっていた。キャッシュの保存先に指定しているパーティションは、ドライブレターがそのままでは変更できないので、キャッシュの保存先を変更する操作が少々手間だった。なお、クローニングの所要時間は、だいたい1時間くらいだった。

No.2206 〔276文字〕 📖

HDDを交換するためには、まず旧HDDから新HDDへパーティションをコピーしないといけない。そのためには一時的に両方のHDDを接続する必要があるわけで、ネジが6つ余分にないと困るのだということを忘れていた。
20200924233249-nishishi.jpg
……忘れていたのだが、道具箱を漁ったら充分な量のネジが出てきた。12個入りのパッケージの中にそのまま12個入っていたのもあったので、昔々に「ネジも必要だから」と思って買ったものの、充分なストックが存在することに気付いて、そのまま開封せずに道具箱の中にしまっておいたものだろう。今回はネジの必要性を忘れていたので、新たに調達せずに済んだ。(笑)

No.2205 〔510文字〕 📖

メインPCのデータ格納用HDDの挙動がちょっと心配だったので、調達した新品2TB HDDと交換した。
20200924233242-nishishi.png20200924233242-nishishi.jpg
元のHDDは容量1.5TBだったのだが、今時新品で1.5TBという中途半端な容量はなさそうだったので、2TBを調達。6,800円くらいだったような気がする。SSDにしなかったのは、このメインPC自体が既に購入後10年以上経っていることもあって、メインPCではなくサブPC化する計画があるためだ。初期不良なく動いてくれれば良いが。データ用パーティションは毎日自動バックアップされる設定だし、前のHDDも別に壊れたわけではないので、突然初期不良で使えなくなっても大きく困ることはないが。しかし交換手続きは面倒だから、困るのは困る。以前のデータ用HDDはSeagate製7200rpmだったが、今回はWestern Digital製5400rpmにした。最近のHDDはたいてい充分静かだが、5400rpmだとなお静かかな、と思ったので5400rpmだ。旧HDDの電源投入回数は6,930回だったのだが、これを365で割ると約19になってしまう。電源投入回数から前回の交換時期を計算するのは無理だった。いつだったっけな……。

No.2204 〔30文字〕

昨日は11時間くらい仕事をしていたっぽい。(連続ではない)

No.2203 〔92文字〕

台風はどうなったかなと思ったら、もう逸れていた。わりと手前で右に曲がってくれたのか。tenki.jpでは「2020年の台風12号」の意味でURLが「2012」になるようだ。紛らわしい。

No.2202 〔162文字〕

シンボリックリンクを作るコマンドの書き方を毎回微妙に忘れてしまう。『ln -s ファイル(orディレクトリ)名 リンク名』だ。コマンドがlnであることと、オプションが-sであることは覚えているのだが、リンク名が先なのか後なのかに自信が持てないので、毎回ググって@ITのlnコマンド解説ページを見ることになる。リンク名は後だ。

No.2201 〔269文字〕

親要素にtransformが指定してあると、子要素に対して指定された「position:fixed;」の記述が無視されて、親要素からの相対位置で配置されてしまうというW3C公式のバグ仕様あるのか……。まさかそんなことになっていたとは知らずに、原因が分からずハマってしまった。transformプロパティは、本来の用途では画像をひっくり返したいときくらいにしか使わないが、日本語Webフォントでシャギーが出るのを防ぐCSSとして裏技的な用途ではtransformプロパティを使いまくっているのだ。ダミーの親要素を噛ませることで解決できた。
Powered by てがろぐ Ver 3.0.0

--- 当サイト内を検索 ---