にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

2019年11月05日の投稿[7件] - 今日のひとことログ

更新

■LOG 2019年11月05日の投稿[7件]

にししふぁくとりーHOMEに掲載している「今日のひとこと」の過去ログ(掲載履歴)です。 RSS

No.158 〔215文字〕

NTT西日本から届く封書の差出住所はたいてい福岡市博多区になっている気がするけど、名義変更手続きとかを扱う加入権センターは鹿児島市にあると知った。そんな西日本の端で業務が行われていたのか。加入権センターはもう1つ徳島にもあるんだけど、兵庫県の管轄は鹿児島だった。どういう分類なんだろう? そして、静岡県もNTT西日本の管轄なのだと知った。そうだったのか。個人的には静岡は東日本という認識だったけども、NTTの分類では異なるようだ。

No.157 〔314文字〕

そこそこ大きな荷物が多数あって、どこの郵便局が一番持ち込みやすいかな……とGoogle Mapの航空地図を見ながら考えていたんだけど、2人がかりでも持って移動するのが大変そうな分量なことを考えると、持ち込まずに集荷を依頼した方が楽で良さそうだと気付いた。持込割引は受けられなくなるけども、まあ手間を削減できる方が良いだろう。クロネコなら大きな配送センターがあって駐車場から窓口まで近いので持ち込んでも良いんだけど。今回は事情があってゆうパックで送るので郵便局を使う必要がある。郵便局って至る所にある代わりに1つ1つはあまり大きくないし、駐車場もあまりないので大量に持ち込むには向いていない気がする。もちろん地域によるだろうけど。

No.156 〔174文字〕

自動車の維持費って全然考えたことがなかったけども、保険代だけでも結構かかるもんだなあ。自賠責保険と任意保険を合わせるとだいたい年間7.5万円くらい。車検と定期点検でたぶん年平均2万円くらい? あと自動車税と重量税。ただ自動車を保有しているだけで(たとえ動かさなくても)たぶん年間10万円は必要なんだろうかな。あと、乗れば当然ガソリン代も必要だけど。

No.155 〔376文字〕

クロネコは伝票作成とか集荷依頼とかネット経由のサービスが豊富で極力手間を省く方向に注力している会社だと思うんだけど、誤配に対する回収依頼だけは今でも電話連絡のみなのだな。過去1度しか電話したことないけど、電話でオペレータに誤配の旨を伝えると「もぅ~しわけごずぁいますぇぇ~ん」という、凄まじくスローなしゃべり方で低姿勢を表現されていた。こちらとしては別に謝罪など要らんので、さっさと手続きを済ませて回収に来て欲しいだけなので「もっと早口で喋って……!」と思いながら会話していたんだけど。たぶんオペレータに対して怒り狂って怒鳴る人が多いんだろうなと想像。電話応対担当者は大変だ(絶対やりたくない)。誤配に対する回収依頼もネット上でサクッとできるようになっていたら、オペレータの人件費を多少削減できそうだけど。まあ、誤配は滅多にないということなんだろうか?

No.153 〔472文字〕

頻繁に同じ操作をするコンテキストメニュー(右クリックで出てくるメニュー)では、項目名ではなくて「上から何番目」みたいな位置で記憶している場合がよくある。例えばテキストリンクを右クリックすると、一番上が「リンク先を新しいタブで開く」だとか。このような場合、「右クリックして一番上の項目をクリックする」という操作を記憶しているので、操作時に項目名まではいちいち見ていない。このとき、ブラウザの仕様が変わってメニュー項目の位置が変化すると、全然違う操作をしてしまうことになって少々困る。私は用途ごとにブラウザを分けているのだけど、Operaでは以前は画像を右クリックすると先頭が「画像に名前を付けて保存する」項目だった。ところが少し前のアップデートで、先頭が「別タブで開く」に変わってしまった。なので、画像を保存しようと思って操作しているのに、保存ダイアログがさっぱり表示されずに単に画像が別タブで開いているだけ……というケースが頻発するようになってしまった。メニュー項目の順序は極力変更しないで欲しい。もしくは、ユーザが自力で並べ替えられても良い。

No.152 〔634文字〕

PCには、コンセントに接続すると自動的に電源がONになる機能があったりする(マザーボードにそういう機能がある)。これはサーバ用途で使っている場合など、停電して落ちてしまっても電力が復旧したらすぐ稼働状態に復帰できるようにするための機能。サーバ用途でなくても、インターネット経由でリモート接続されるPCの場合にもこの機能があると便利。PCにそういう仕様があるのは分かるんだけど、iOS端末(私はiPod touchしか持っていないけど)も電源OFFの状態でコンセントに接続すると自動的に電源がONになる。これはどういう意図だろうか。バッテリを使い果たしてOSが落ちた後でも、電力が供給されればすぐに使える状態に復帰させるためとかそういうことかな。「電話」だと考えれば常に待機状態である必要があるから、その仕様の方が便利なのか。ただ、「できるだけ急いで満充電にしたい」という場合には、むしろOSは起動しない状態で充電したいと思うこともありそうだけども。もっとも、そうしたいときは単に「コンセントに既に接続されている状態」で電源をOFFにする操作をすれば良いだけなので、方法さえ知っていれば可能なんだけど。要は「より初心者寄りの仕様になっている」ということなんだろうかな。設計思想として分からんではない。私の場合は、うっかり電源OFFの状態でコンセントに接続してしまってOSが自動起動しちゃって、「ああ……」と思いながら再起動を待って再度電源をOFFにするケースが時々ある。

No.151 〔269文字〕

送料無料な商品というのは、当たり前だけども商品価格に送料分が含まれているわけだ。そういう商品を1つだけ買うなら良いんだけど、複数個買うときには送料分でかなり損している気がしてならない。贈答用の商品って基本はぼったくり価格だよなあ。綺麗な箱、包装紙、のし印刷費、それらの人力での梱包代、紙袋代とかが必要なので、一般用より高くなるのは当然だと思うけど、そこを差し引いてもかなり割高なんじゃないかと思うんだけど。梱包にかかる人件費が相当に高いということか?(例えば1箱につき700円とか) 包装とか、のし付けとかは人力でないと不可能だからなあ。
2019年09月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Powered by てがろぐ Ver 3.2.5

--- 当サイト内を検索 ---