にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

全年10月24日の投稿[14件] - 今日のひとことログ

更新

■LOG 全年10月24日の投稿[14件]

にししふぁくとりーHOMEに掲載している「今日のひとこと」の過去ログ(掲載履歴)です。 RSS

No.5033 〔240文字〕

そういえば最高裁判所裁判官国民審査をどうするか考えていなかったので調べた。NHKの特設ページが分かりやすい。そういえば4年前にもNHKを参考にしたような気がしたようなしないような。どうだったかな(どうでもいいが)。絶対に誰も罷免されない制度と言っても過言ではないので、そんなにじっくり考えることもない。NHKが大きく示している2件(選択的夫婦別姓問題と1票の格差問題)の結論で判断すれば良さそうだ。さらに他の案件でもどうだったのかページは用意されているのでちょっと覗いてはみたが。

No.5032 〔327文字〕

昨年末に新メインPCを購入したときに貯まっていたポイントが1.1万円分くらいある。その有効期限が迫ってきたので行使した。EPSONのポイントなので、行使するといってもプリンタのインクくらいしか購入するものがない。1万2千円分くらいのEPSON純正インクを注文して、1.1万円強のポイントを行使して、残額の約500円くらいだけクレジットカードで支払った。うちはPCだけでなくプリンタもEPSON製なので使い道があったが、PCだけがEPSON製だったらポイントの消費は難しかったかもしれない。EPSONの通販ではプリンタ用紙もあるのだが、プリンタ用紙だけで1.1万円分も使うことはなさそうだ。日常の印刷は基本的にコピー用紙だし。純正インクはめちゃくちゃ高い

No.5031 〔445文字〕

近隣住宅の家のチャイムを順に鳴らして、何か一言二言ほど述べてからチラシを郵便受けに入れていく人が居て、うちにも来た。時期的に選挙の話だろうかと思ったら違って、布教活動だった。よく考えたら選挙の戸別訪問は違法なので、選挙関連なわけがなかった。ただチラシを入れるだけならともかく、わざわざチャイムを鳴らして「入れておきますから読んでね」的なことを言うのは迷惑以外の何物でもないと思うのだが、もうちょっとその辺を考えた方が良いのではないか。好感度が最低になるので、無言で入れておくよりも読まれる可能性は低下するだろう。宗教に勧誘しようと思うなら、もうちょっと相手のことを考えて欲しいものである。ただ、この手の活動の場合、布教は二の次であって、「チラシを配る行為」をしている本人の信仰度を向上させるためにやっているようなものだという話も聞くので、相手のことを考えるインセンティブがそもそもないのかもしれないが。そうだとしたら、新入社員研修の一環でパンを訪問販売させる行為と同じくらい迷惑極まりない。

No.5030 〔4文字〕

さむい。

No.5029 〔76文字〕

朝に起きたら、トイレの温度計が10度だった。もう本当に冬なのか……。今、自室の温度計は19度だ。昨夜と同じだが、今は着込んでいるので暖房は使っていない。

No.2389 〔264文字〕

ヒスパニック(Hispanic)とラティーノ(Latino)が似たような意味で使われている気がして差が分からなかったのだが、調べたところ、ヒスパニックは「スペイン語圏出身者」のことで、ラティーノはもっと幅広く「ラテンアメリカ全域の出身者」のことを指すらしい。ヒスパニックはラティーノに包含されているのか。ラティーノにはスペイン語圏のほかポルトガル語圏やフランス語圏があるが、そのうちスペイン語圏の出身者のことだけをヒスパニックと呼ぶようだ。ただ、メキシコ出身者のことだけを指す文脈でヒスパニックと呼ばれる場合もあるようだけども。

No.2388 〔71文字〕

ジョン・ボルトン回顧録ってもう和訳されていたのか。元国家安全保障問題担当大統領補佐官の暴露本。ちょっと読んでみたい気もする。買うなら電子版だ。

No.2387 〔41文字〕

やはりゴミの戸別回収にはメリットしかないようだ。うちの地域もそうしてくれないかな。

No.2386 〔24文字〕

12時間半くらい寝た。なんでこんなに眠れるのか。

No.98 〔379文字〕

市役所で書類の発行申請をすると、書類ができるまで待機しておくための番号札が渡される。これは連番ではない。そもそも書類のできあがる順序は窓口に訪れた順序とは異なるので(たとえ番号札が連番でも)呼び出しは連番にはならないけど。で、交付窓口を観察していると、市役所の担当者は発行書類をクリアファイルに入れていて、そのクリアファイルにバーコードだかQRコードだかが印刷されたシールが貼られているっぽくって、担当者が窓口のカメラにそのクリアファイルをかざすと、その書類を待っている人物が持っている番号札の番号を呼び出す自動音声が流れる仕組みになっていた。これなら呼び出し間違いもなくて便利だな、と思った。ただ、そこまでハイテクにできるなら、そもそも紙の書類の発行を省略できるようなオンライン手続きの方のハイテク度を高めてくれよ、と思わないでもないんだけど。(^_^;)

No.97 〔233文字〕

ちょっと振り返っても、ここに書いた投稿で140文字に収まっているものってほとんどないな……。まあ、私はメールでもふと気がつくと5千文字とか書いちゃう人間なので、どこに何を書く場合でも長くなってしまうのだ。意図的に「短くしよう」と考えた場合には、推敲の過程でできるだけ減らすんだけども。……というこの投稿も140文字には収まっていない。(とはいえ、今回の投稿は、たぶんTwitterに書くつもりだったら推敲の過程で140文字に収めることは十分可能だろうとも思うけど。)

No.96 〔485文字〕

戸籍というのは、そのときの本籍地で作成されるもので、後から本籍地を移動しても「移動した」という事実が記録されるだけで全情報が移るわけではない。また、出生時だけでなく婚姻時にも戸籍が新たに作られる。だから、出生以後から現在までのすべての戸籍情報を得るためには、過去の本籍地に遡る形で数珠つなぎに戸籍謄本を要求していかないといけない。……という説明が方々にあり、そういう認識で居たんだけど、それにしては現在の居住地で発行した戸籍謄本に出生の情報も載っているんだけど、これだけじゃ不十分ということなのかな。「従前戸籍」という欄に昔の本籍地の記載があるにはあって、市役所の窓口の人も「以前の情報はそちらの市役所でお手続き頂く必要がありますね」みたいな説明だったので、まあ、何か要るんだろうな。引っ越しの回数はもっと多かったハズなんだけど、本籍地の移動は1回だけだと思うので、まだ手続きの数は少なくて済んで(済みそうで)良かった、と考えた方が良さそうかな。両親が結婚した場所はたぶん大阪だと思うんだけど、本籍地を大阪に移動したことはないので、大阪の役所を経由する必要はないっぽい。

No.95 〔391文字〕

市役所で1時間くらいかけていろいろ書類を発行してもらってきた。手数料は総額3,600円くらいだったかな。どの書類もたいていは紙1枚だけど、戸籍謄本は1枚では収まりきらず、ホッチキスで綴じてあった。ホッチキスで綴じてあると後からScanSnapで取り込めないのでフラットヘッドスキャナを使わないといけないので少々面倒なんだけどもまあ仕方がない。(一旦外してから自分で綴じ直しても良いかも知れないけど。割り印があるわけではないし。) 居住地の市役所で取る必要のある書類はたぶんこれで全部のハズ。あとまだ、遠隔地の市役所に郵送で申請しないといけないんだけども。固定資産関係の書類は、紙は1枚だけど、印字情報は土地と建物で別扱いだとのことで手数料は倍額だった。^^; いや、まあ、いいけどね。窓口の担当者さんは丁寧な応対だった。たくさん一気に求めたからか、2人がかりで調べつつ進めて頂けた。

No.94 〔260文字〕

切手を貼った返信用封筒の同封を求められた場合で、送られてくる内容物の重さが事前にはハッキリしないときには、スマートレターを同封することにすれば、事前にあれこれ考える必要がなくて楽なことに気付いた。スマートレターなら、封筒サイズはA5なのでA4用紙が2つ折りで入るし、180円の固定料金で1kgまで入れられるので重量制限は気にする必要なく、しかも信書も取り扱える。スマートレター自体が封筒だから封筒を自力で用意する必要もないし。こちらからそれら一式を送る際には、B5サイズくらいの封筒を使って郵便局の窓口で差し出せば済む。
2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

Powered by てがろぐ Ver 3.5.1

--- 当サイト内を検索 ---