にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

カテゴリ「🏥」に属する投稿[5件] - 今日のひとことログ

更新

■LOG カテゴリ「🏥」に属する投稿[5件]

にししふぁくとりーHOMEに掲載している「今日のひとこと」の過去ログ(掲載履歴)です。 RSS

No.9983 〔45文字〕 🏥

昨日の膝(の少し上あたり)が痛い症状は今日も変わらないので、ロキソニンテープを貼ってみた。

No.9976 〔92文字〕 🏥

左足の膝が痛い……!(>_<) 歩くには問題ないのだが、階段みたいな段差を上り下りすると膝がめちゃくちゃ痛い。膝頭付近だけでなはくて、膝の周辺(上側)も同時に痛い。なんだこれは……。😢

No.8764 〔989文字〕 📖,🏥

長年、春秋の花粉の季節に欠かせなかった薬が、第一三共のプレコール持続性鼻炎カプセルLなのだが、製造終了で販売も終了されていて驚いた……! プレコールというと一般的には風邪薬だと認識されていると思うのだが、それとは別に緑色のパッケージで鼻炎に特化した「プレコール持続性鼻炎カプセル」という薬が長年販売されていて、これが私の花粉の症状を極めて良く抑えてくれるので重宝していたのだが。
プレコール持続性鼻炎カプセルL製造終了 有効成分
それがなんで製造終了やねん!? と思ってググったら、消費者庁のリコール情報サイトに「無水カフェインの溶出性試験結果で製造販売承認書の規格上限を逸脱したため」という理由で回収されていると情報が出ていた。これが原因で製造自体を終わってしまったのだろうか? 58万個を自主回収という新聞記事もあった。第一三共Webの商品ページに掲載されていた自主回収のお知らせによると、昨年の6月以降のすべての製品が対象だとか。ただ、先の消費者庁のWebに書いてある情報によると、有効成分の体内への吸収がわずかに速くなる可能性が考えられますが、含量は規格内であることから、有効性または安全性へ影響する可能性は極めて低く、重篤な健康被害が発生する恐れはないと考えております。とのことなので、別に大丈夫っぽいけども。とりあえず、備蓄が尽きたら今後は他の薬を検討せねばならぬ……。成分が似ている薬があれば良いのだけど。

……と思って探したら、Amazonブランドのビスティー鼻炎カプセルLという薬が、完璧に成分も分量も同一の薬で思わず笑ってしまった。ええんか、これは。いや、この状況ではありがたいけども。┌(:3」└)┐ さらに探すと、小林薬品工業のヒストミン鼻炎カプセルLPという薬も、成分と分量が同一だった。塩酸プソイドエフェドリンを使う場合はこういう構成しかあり得ないのだろうか? というか、カプセルの色がAmazonのと同じなのだが、AmazonのはここのOEM製品なのだろうか? ……と思ったが、アリナミン製薬のベンザ鼻炎薬αは塩酸プソイドエフェドリンを使っているが構成が微妙に異なる。グリチルリチン酸の代わりにトラネキサム酸が含まれていた。だから、鼻炎だけでなく喉の痛みにも効くようだ。私の場合、喉が痛くなることはまずないのだが。とりあえず、代替薬の候補としてこれだけあればまあ大丈夫だろう。

No.8635 〔323文字〕 🏥

昨夜、寝る前に突然めまい(回転性)がし出した。目薬を差すために上を向いたときに、なんかぐるっと視界が回転するような気がして、それ以後ずっと微妙に視界が回転するような感じのめまいが続いていた。仰向けに寝ると若干目の前が回転しているような気がして、右向きに寝ると止まる。左向きに寝ると急速回転するような感じだった。これは、もしかして、耳石が剥がれて三半規管のどこかに入った状態(良性発作性頭位めまい症)というやつなのか、と思った。話には聞いていたが、実際に体験したのは初めてだった。とりあえず、10秒間ずつ「仰向け→右向き→仰向け→左向き→仰向け」を数セット繰り返すと良いという情報があったのでそれを実践してから寝たところ、朝には問題なくなっていた。

No.8463 〔526文字〕 📖,🏥

朝から眼科へ行ってきた。慢性的な結膜炎ですね、とのこと。目が乾くのとか、まぶたがピクピク痙攣する症状についてはそのため。目薬をもらった。眼底には一切何も問題がないとのことで、黄斑変性とかの兆候もないという話なのでそこは良かった。緑内障の兆候とかもない。要するに結膜炎だけということだった。視力も維持できていて、概ね1.5ありますね、という話だった。右目だけで真っ直ぐな線を見たときに、視野の右下あたりでほんの少しだけ歪んで見えるのが何故なのかは分からないままだが、(本当に端だし、日常生活には微塵も支障ないのだが、何か病気の兆候だったら放置するわけにはいかないので検査してもらうべく眼科へ行ったわけだが)検査結果としては問題ないとの結果だったので、とりあえず安心である。
処方目薬一覧
目薬
目薬は3種類。ドライアイ改善用の涙液保持目薬はヒアルロン酸なのか。10年前の症状のときに(別の眼科で)処方された薬とは、フルメトロン点眼液だけは共通している。ブログに書いておくと後から振り返って比較しやすくて便利だな……。
症状とは全く関係ないが、視力はさすがに多少は低下しているのではないかと思っていたのだが、ランドルト環を見る検査で 1.5 を維持できていたことに驚いた。
2023年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2023年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2023年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

Powered by てがろぐ Ver 4.2.2

--- 当サイト内を検索 ---