にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

てがろぐ リリースノート

お手軽マイクロブログCGI「てがろぐ」のアップデート案内です。新機能や更新した仕様、新しいスキンなどを案内しています。
更新点だけではなく全体の機能説明をお読みになりたい場合や、CGIそのものをダウンロードしたい場合は、てがろぐ配布ページへお越し下さい。
セットアップやバージョンアップの前に最新版の使い心地を試したい場合は、動作テスト用てがろぐをご使用下さい。
次期バージョンの開発進捗状況をチェックしたい場合は、開発進捗報告ページをご覧下さい。

《最終更新: 2024年05月17日 金曜日 14時28分 》 RSSフィード

タグ「91」を含む投稿18件]

てがろぐ Ver 4.2.0 を公開しました! #Update

てがろぐ Ver 4.2.0 を公開しました。画像一覧モード、スキン内のIF文での出力HTML切替機能複合検索機能での表示モード維持機能、URLを丸括弧で括るリンク記法、相対パスでもリンクできる記法、リンクに任意のclassを付加できる記法、CodePen埋込機能などの追加が主な更新点です。その他、ツイートURLのx.com対応、設置時の$howtogetpathの変更不要化などの仕様改善や、多数の細かな機能追加、不具合修正を含んでいます。
https://www.nishishi.com/cgi/tegalog/

バージョンアップするには、
  • 1クリックでバージョンアップできる専用PHP「TegUp」のご使用がお勧めです。
  • もしくは、最新版のZIPの中から tegalog.cgifumycts.pl の2ファイルだけを抜き出して上書きアップロードして下さい。
データファイルや設定ファイルは、すべてそのまま引き継げます。(Ver.3以下も含む過去のどのバージョンからでも)

🆕 Ver 4.2.0の更新点(概要):
《▼大きな機能追加》
画像一覧モードの追加(投稿本文で使われているかどうかに関係なく、画像保存用ディレクトリに存在する画像すべてを一覧表示するモード)
スキン内に IF文を使って、状況に応じてHTML自体の出力を切り替えられる機能(専用記法 [[IF(条件): ~ :IF]] )を追加
複合検索機能で、検索結果を表示するモードを維持または強制指定できるオプションを追加。

《▼その他の機能追加》
ランダム表示モードでも、表示対象を絞り込める機能を追加
前のページに移動するリンク《だけ》を出力できる記法 [[NAVI:PREV]] を追加。
次のページに移動するリンク《だけ》を出力できる記法 [[NAVI:NEXT]] を追加。
リンクを作る際に、従来の [ラベル]URL 記法に加えて、URLを丸括弧で括る [ラベル](URL) 記法も使用可能にしました。
リンク先URLを、相対パス(../page.html)や、絶対パス(/path/to/file.html)でも指定できるようにしました。
HOMEページの静的HTML出力機能(HOMEページだけを index.html ファイルにも出力できる機能)を追加。

《▼細かな機能追加》
●ユーザ紹介文を出力する記法 [[USERINTRO]] を追加
●リンク先として mailto: や tel: のURIスキームを使って、メールアドレスや電話番号へもリンク可能にしました。
●リンク個別に、任意のclass名を付加できるオプション記法を追加しました。
●リンクラベルにオプション :NEW を加えると、そのリンクだけに target="_blank" を出力する機能を追加しました。
●リンクラベルにオプション :NF を加えると、そのリンクだけに rel="nofollow" を出力する機能を追加しました。
●CodePenを埋め込む機能(記法のみ)を追加。
●「任意URLリンク」ボタンを押してリンク先URLを入力した際に、URLに縦棒記号「|」が含まれていれば自動的に %7C に置き換える仕様を追加。
●「任意URLリンク」ボタンを押したときに、範囲選択されている範囲内に半角角括弧がある場合は、それぞれ [] に置き換える仕様を追加。
●サムネイル画像がUPされている画像には、画像情報編集画面でもサムネイル画像へのリンクが表示されるように。
●投稿一覧画面で表示対象を絞り込んでいる際には、「絞り込みを解除する」リンクも表示。
●管理画面のTOPに、稼働しているPerlのバージョンを表示。

《▼仕様改善》
ツイートのURLが x.com ドメインになっていても埋め込めるようにしました。
リンクを新規タブに表示するよう設定している場合は、「Twitterで見る」のリンクも同様に新規タブに表示するよう改善。
検索窓に加わるチェックボックスで、ラベルとして表示される文字列だけを、さらにspan要素で囲むよう改善。(ラベルだけを装飾したい場合や、JavaScriptで書き換えたい場合などに処理しやすいように。)
ナビゲーション系の記法で、リンク先URLの末尾に余分な & 記号が付いた状態で出力されてしまうケースがあったが、付かないように改善。
内側スキンで [[COMMENT:LINE:3]] のように、特定の1行だけを抽出する記法では、最後に必ず <br /> タグが付加されていたが、付加されない仕様に改善。
ユーザアイコンの指定が http:// や https:// で始まるURLで指定されている場合で、設置ドメインと同じURLなら、ドメイン名までを自動で省略するように改善。
これまで $howtogetpath の値を変更しないと正常動作しなかったサーバでも、(おそらく)書き換えなくても動作するように改善。

《▼スキン更新》
画像一覧モードで使うための新スキン「skin-picts」を追加。(※完全版ZIPに同梱)
標準添付の各スキンに、画像一覧モードへのリンクも追加。(チャットスキンと特殊スキンを除くすべて)

《▼不具合修正》
❎ラベル付きリンクを書いた際に、リンク先URLの途中にさらに「 http:// 」の文字列が出てくるとリンク表示が崩れてしまうバグを修正。
❎ギャラリーモードやサイトマップページモードで複合検索窓を使うと、表示中のモードが解除されてしまう問題を解決。(※スキンの書き方によってはスキン側に識別子を追記する必要あり)
❎新着画像リストの表示設定で、『サムネイル画像があればサムネイルの方を表示』を設定していても効いていなかった不具合を修正。
❎GALLERY、SITEMAPの各モードで日付境界バーを表示したときに、「この範囲を時系列順で読む」のリンクを使うと表示モードが解除されてしまう(=表示モードを維持できない)不具合を解消。
❎新着画像リストの出力で [[IMAGELIST:GALLERY]] 等のように表示モードを指定しても効いていなかった不具合を修正。


▼今回の大きな機能追加:
🌸画像一覧モードの追加
投稿本文で使われているかどうかに関係なく、画像保存用ディレクトリに存在する画像すべてを一覧表示する「画像一覧モード」を追加しました。
▼解説:
標準添付の画像一覧モード用スキン(skin-picts)で表示すると、下図のように見えます。アップロードされている画像がただひたすら列挙されます。
(キャプション自動取得対象外)

なお、標準ではOFFですが、日付境界バーを表示する設定に変えると、「いつ頃にアップロードした画像なのか?」が一覧時点で分かりやすくなるメリットもありそうです。下図は、日付境界バーを日ごと(=年月日すべての境界)に表示する設定にした例です。
(キャプション自動取得対象外)

画像一覧モードの表示に関する設定は、管理画面の[設定]→[補助出力]→【画像一覧モードの出力】でできます。ここで、使うスキンも変更できます。
(キャプション自動取得対象外)

▼仕様:
✅てがろぐの画像保存用ディレクトリにアップロードされている画像のうち、画像管理画面で『一覧外』フラグを立てていない画像すべてが表示対象です。『一覧外』フラグが立っている画像をどうするかは、設定で選択できます。(どちらにせよ、一覧には表示されません。)
(キャプション自動取得対象外)

✅ギャラリーモードとは違って、投稿単位ではなく画像単位で表示します。なので、投稿本文に使われていない画像でもすべて表示されます。

✅スキンの作り方は他と同じなので自由に表示をカスタマイズできます。NSFWフラグは(他のモードと同様に)class名の形で出力されますから、ぼかすなり何なり好きなようにスキンを作って表示を調整できます。

✅画像ファイル名やキャプション、フラグ名での検索(絞り込み表示)もできます。AND、OR、NOT検索も可能ですから、例えば「-nsfw」で検索すればNSFWフラグのない画像だけを表示できます。もちろん、逆に「nsfw」で検索すればNSFWフラグが付いた画像だけを表示できます。
(キャプション自動取得対象外)

✅てがろぐでは、画像そのものにはカテゴリは(今のところ)設定できませんが、キャプションと検索機能を併用すれば、自由な分類表示もできそうな気がします。

✅一覧表示時には、サムネイル画像がUPされている画像はサムネイルの方が表示されます。画像の単独表示時には、サムネイルがあってもオリジナルの方が表示されます。下図は、画像一覧モードで1つの画像を単独表示するページを見たところです。
(キャプション自動取得対象外)

上図は、あくまでも標準添付されている skin-picts で表示した場合の例ですから、もちろんお好きなようにスキンを作ることで、自由な表示にできます。

※画像が拡大画像へのリンクになるかどうかとか、サムネイルがある場合にサムネイルの方が表示されるかどうか等は、すべて管理画面の設定次第です。(画像一覧モードは、「投稿単位ではなく画像単位で表示される」という動作が異なるだけで、それ以外の仕様はすべて同じですから。スキンを作る記法も他と違いはありません。)

詳しくは、……をご覧下さい。
※特に、後者のページで仕様や動作を詳しく解説しています。

★FTPで画像をUPする際の注意:
てがろぐ上を経由せずに、FTP等の別手段で画像をアップロードした場合、そのままでは画像一覧モードには出てきません。てがろぐ側が新画像の存在を認識していない状態だからです。てがろぐ側に新画像の存在を認識させるには、ただ「画像の管理」画面を1回表示させるだけでOKですので、FTP等でアップロードした場合は、ブラウザから「画像の管理」画面を1度表示させて下さい。
そうすると、てがろぐ内部で画像インデックスファイル(index.xml)が更新されますので、画像保存用ディレクトリ内にある新しい画像もすべて画像一覧モードに表示されるようになります。

🌸スキン内に IF文を使って、状況に応じてHTML自体の出力を切り替えられる機能を追加
指定条件を満たす状況だけで、スキンHTML内の指定範囲の出力/非出力を切り替えられる「IF文」機能を実装しました。外側スキンでも内側スキンでも、専用記法 [[IF(条件): ~ :IF]] を使って記述できます。
▼解説:
状況に応じて表示/非表示を切り替える機能は「CSSを使って切り替える方法」が従来からありましたが、あくまでも表示/非表示のスタイルを切り替えるだけに過ぎないので、HTMLとしては全部出力されていました。
その場合、HTMLには(表示に使われない)無駄なソースが出力されてしまいますし、JavaScriptから制御したい場合に少々面倒な場合があるなどの問題がありました。

今回実装した「IF文」は、指定範囲のHTMLソース自体の出力を抑制できるため、上記の問題がありません。

IF文で指定する条件は(全文検索と同じように)AND・OR・NOT検索の形で指定できますから、例えば以下のように書けます。
(キャプション自動取得対象外)
  • 上図2~4行目のように、[[IF(onelog):~~~:IF]] と書けば、「~~~」の部分が投稿単独表示時にだけ出力されます。
  • 上図7~9行目のように、マイナス記号を付けて [[IF(-onelog):~~~:IF]] と書けば、「~~~」の部分は投稿単独表示時以外の状況だけで出力されます。

丸括弧の中(=条件)は、 homegrandhomecat-infouser-tomoyo など、状況に応じて装飾を分ける用途に使ってきた「SITUATION:CLASS」として出力される状況キーワードが全部使えます。また、複数の単語を同時に指定もできます。

この機能を使うと、状況別にHTMLを出し分けられるだけではなく、従来なら複数のスキンを併用しないといけなかった構成も、もしかして単一のスキンで済むようにもできたりするのではないでしょうかね……?

IF文の書き方や使い方について詳しくは、下記のヘルプドキュメントをご覧下さい。
後述しますが、今回から新たに(完全版ZIPに)添付される「画像一覧モード用スキン」では、skin-onelog.html 内で、この「一覧表示時と単独表示時とで表示/非表示を切り替えるIF文」を使っています。そちらのソースも参考にして下さい。

🌸複合検索機能で、検索結果を表示するモードを維持または強制指定できるオプションを追加。
複合検索窓では従来は表示モードを維持して検索結果を表示する方法がありませんでしたが、その機能を加えました。
▼解説:
下図は、デフォルト構成での表示です。矢印部分に、表示モードを維持して検索結果を表示するチェックボックスが見えます。
(キャプション自動取得対象外)

また、複合検索窓に表示する項目として指定できる識別子を、下記のとおり5つほど増やして、強制的に表示モードを選べるようにもしました。
(キャプション自動取得対象外)
※上図でチェック✅が付いている項目は、[[SEARCHBOX:COMPLEX]] とだけ書いて識別子を省略した場合にデフォルトで表示される項目です。

チェックボックスは閲覧者が自らの操作で切り替えられますが、CSSで非表示にしてしまえば強制的に固定できます。ギャラリーモードで検索するオプション「G」や、サイトマップページモードで検索するオプション「S」は、識別子を大文字で書けば最初からONの状態で出力されます(識別子を小文字で書くと「最初はOFFの状態」で出力されます)。なので、その状態で非表示にしてしまえば(現在の表示モードに関係なく)検索結果を表示するモードを強制できます。

なお、複合検索窓ではない普通の検索窓と同じように、「ギャラリーモードで表示されているときにだけ検索結果もギャラリーモードで表示するチェックボックスを出す」動作をさせるには、識別子の「 M 」を使って下さい。この場合、ギャラリーモードでもサイトマップページモードでもない状況では何も出力されません。

詳しくは、カスタマイズ方法ページ内の『検索条件プルダウンメニューの取捨選択や掲載順序の指定』をご覧下さい。


▼今回のその他の機能追加:
🌺ランダム表示モードでも、表示対象を絞り込める機能を追加
従来のランダム表示モードは、問答無用で全投稿番号を対象にしてランダムに選ばれる仕様でしたが、選ばれる対象をパラメータで限定できるように改良しました。
例えば、
  • mode=random のパラメータだけを使うと、「下書き状態」と「下げる状態」を除く全投稿の中からランダムに1件が選ばれて表示されます。
  • mode=random&cat=test のように、「カテゴリtestを示すパラメータ」を加えると、カテゴリtestに属する投稿の中からランダムに1件が表示されます。
カテゴリ以外にも、表示対象を限定する用途のあらゆるパラメータを併用して表示対象を限定できます。

詳しくは、使い方・設定方法ページの「ランダムに1件を表示」区画  と「表示対象を絞り込んで、ランダムに1件を表示」区画をご覧下さい。

🌺前のページに移動するリンク《だけ》を出力できる記法 [[NAVI:PREV]] を追加。
🌺次のページに移動するリンク《だけ》を出力できる記法 [[NAVI:NEXT]] を追加。
従来は前後のページに移動するリンクをまとめて出力する [[NAVI:PREVNEXT]] だけを用意していましたが、前と後とを別々に出力できる記法も追加しました。
前後のページに移動するリンクをそれぞれ離れた位置に掲載したい場合にご活用頂けます。
※前のページがない状況では、 [[NAVI:PREV]] は何も出力しません。
※次のページがない状況では、 [[NAVI:NEXT]] は何も出力しません。

詳しくは、リファレンスの【ページ移動ナビゲーション要素】項目をご覧下さい。

※もし、PREV と NEXT の左右を逆に配置したい場合は、てがろぐの設定画面で矢印記号の表示設定を消す必要があるかもしれません。
(キャプション自動取得対象外)

🌺リンクを作る際に、従来の [ラベル]URL 記法に加えて、URLを丸括弧で括る [ラベル](URL) 記法も使用可能にしました。
Misskeyで使われているような、リンクラベルの後に丸括弧で括ったURLを書いてもリンクとして認識する機能を追加しました。
従来は [ラベル]URL の記法だけがリンクになり、 [ラベル](URL) のようにURLを丸括弧で括ってしまうと下図の上側のようにおかしなリンクになってしまっていました。
今バージョン以後は、下図の下側のように、どちらの書き方でもリンクになります。(※従来の書き方が廃止されるわけではありません。どちらでも使えるようになります。)
(キャプション自動取得対象外)

新記法 [ラベル](URL) のメリット:
➡ リンクの直後に半角英数字等が続く場合でも、半角スペースを使って間を開けることなく、続けて記述できます。
従来の記法 [ラベル]URL のメリット:
➡ リンクURLの中に半角丸括弧が含まれる場合でも正しくリンクできます。

なお、これらの仕様は下図のように、個別に有効/無効を選択できます。(デフォルトでは両方有効になっています。)
もし何らかの不都合がある場合にはOFFにできます。
(キャプション自動取得対象外)

➡ 詳しくは、(使い方・設定方法ページの)「リンクの書き方」区画内にある「リンク出力に関する詳細設定」項目をご覧下さい。

🌺リンク先URLを、相対パス(../page.html)や、絶対パス(/path/to/file.html)でも指定できるようにしました。
URLを丸括弧で括った場合に限っては、相対パスや絶対パスでサイト内リンクを設けることもできるようになりました。
URLを丸括弧で括る記法をサポートしたことで、書ける内容の自由度が増しましたので、相対パスや絶対パスでもリンク先を指定できるようにできました。
それらのリンク先は、丸括弧で囲まないと使えないのでご注意下さい。
(キャプション自動取得対象外)

➡ 詳しくは、(使い方・設定方法ページの)「リンクの書き方」区画内にある「リンクになる書き方のバリエーション」項目をご覧下さい。

また、各リンク記法を使った際に、実際にどのようなHTMLソースが出力されるのかについては、(カスタマイズ方法ページの)「リンクの装飾方法」区画で解説していますのでご参照下さい。

🌺HOMEページの静的HTML出力機能(HOMEページだけを index.html ファイルにも出力できる機能)を追加。
てがろぐCGIが生成するHOMEページだけを、別途 index.html ファイルにも出力できるオプションを試しに加えてみました。(試験的な実装)
(キャプション自動取得対象外)
この機能を使うと、トップページ(=何の表示条件も指定されておらず、モードも指定されていない状態の1ページ目)へのアクセスだけは、静的なHTMLを読むだけになるので、負荷軽減と速度向上になるかな、と思います。たいてい、最も多く閲覧されるのはHOMEページでしょうから。

とはいえ、Webでサーバ負荷を増大させる要因は、主に「いろんなURLに次々アクセスしてくるBot」の可能性も高いですから、そのような場合(=Botからのアクセスが多くて負荷が高まっている状況)では、あまり負荷軽減の役割にはならないかもしれませんが。ただ、人間の閲覧者向けに(少なくともHOMEページでだけは)素早いレスポンスを提供できるメリットはあるかもしれません。

なお、現状でも特に動作速度に不満がない場合は、特にお使い頂かなくて良いと思います。この機能を使うには、単にチェックボックスをONにすれば良いとは限らず、事前準備が必要な場合があります。

詳しくは、使い方・設定方法ページ内の「HOMEページだけは静的HTMLファイル(index.html)として出力する機能」区画をご覧下さい。
※現時点では「試験的な実装」という位置づけです。役に立つかどうかは、しばらく使ってみないと分からないかな……という気もしていますので、よろしければお試し頂ければ幸いです。^^;


▼その他の細かな機能追加:
🌷ユーザ紹介文を出力する記法 [[USERINTRO]] を追加
管理画面のユーザ登録情報には従来から「紹介文」という欄がありましたが、ここに入力した内容をどこかに表示する方法は用意していませんでした。ここに入力した内容を出力できる記法 [[USERINTRO]] を追加しました。

※詳しくは、リファレンスの【投稿ユーザ関連要素】項目をご覧下さい。

🌷リンク先として mailto: や tel: のURIスキームを使って、メールアドレスや電話番号へもリンク可能にしました。
URLを丸括弧で括る記法をサポートしたことで、書ける内容の自由度が増しましたので、メールアドレスや電話番号へもリンクできるようになりました。

※詳しくは、(使い方・設定方法ページの)「リンクの書き方」区画内にある「リンクになる書き方のバリエーション」項目をご覧下さい。

🌷リンク個別に、任意のclass名を付加できるオプション記法を追加しました。
リンクラベルに :CL(英数字) というオプションを加えることで、個別のリンクに任意のclass名を付けられる仕様を追加しました。

※リンクラベルに加えられる各オプション記法について詳しくは、(使い方・設定方法ページの)「リンクの書き方」区画内にある「リンクラベルに加えられるオプション」項目をご覧下さい。

🌷リンクラベルにオプション :NEW を加えると、そのリンクだけに target="_blank" を出力する機能を追加しました。
従来から、管理画面で「すべてのリンクを別タブで表示させる」ようには設定可能でしたが、個別に指定することはできませんでした。今バージョンでは、リンクラベルに :NEW というオプションを加えると、そのリンクにだけ target="_blank" が出力され、新規ウインドウ(別タブ)で開くリンクになります。

※リンクラベルに加えられる各オプション記法について詳しくは、(使い方・設定方法ページの)「リンクの書き方」区画内にある「リンクラベルに加えられるオプション」項目をご覧下さい。

🌷リンクラベルにオプション :NF を加えると、そのリンクだけに rel="nofollow" を出力する機能を追加しました。
従来から、管理画面で「すべてのリンクに rel="nofollow" を加える」ことはできましたが、個別に指定することはできませんでした。今バージョンでは、リンクラベルに :NF というオプションを加えると、そのリンクにだけ rel="nofollow" が出力されます。

※リンクラベルに加えられる各オプション記法について詳しくは、(使い方・設定方法ページの)「リンクの書き方」区画内にある「リンクラベルに加えられるオプション」項目をご覧下さい。

🌷CodePenを埋め込む機能(記法のみ)を追加。
CodePenを埋め込める記法を追加しました。
どれくらい需要があるのかはよく分かりませんが(^_^;)、個人的にちょっとあると便利だな、と思いましたのでCodePenを埋め込める記法を追加しました。今のところボタンクリックで記法を挿入する機能はありませんので、[CodePen]のラベルを自力でお書き頂く必要があります。(大文字・小文字は区別しません。)
(キャプション自動取得対象外)
この機能は、デフォルトではOFFに設定されていますので、使いたい場合は、まずは設定項目をONにして下さい。

➡ 詳しくは、(使い方・設定方法ページの)「CodePenを埋め込む書き方」項目をご覧下さい。

🌷「任意URLリンク」ボタンを押してリンク先URLを入力した際に、URLに縦棒記号「|」が含まれていれば自動的に %7C に置き換える仕様を追加。
リンクラベルの半角の縦棒記号が含まれる場合には、自動でURLエンコードするようにしました。(※ボタンクリックでリンク記法を生成する場合のみ。)
リンク先URLの中に半角縦棒記号 | がそのまま含まれていると、その直前でリンクが切れてしまいます。そうならないように、入力されたURLの中に含まれる | 記号を、URLエンコードした %7C に自動で置き換える機能を加えました。

※この機能は「任意URLリンク」ボタンを押してリンク先URLを入力した際にJavaScriptで実行しますので、自力でリンク記法を直接書いた場合には実行されません(その際は手動で %7C と書いて頂く必要があります)。

🌷「任意URLリンク」ボタンを押したときに、範囲選択されている範囲内に半角角括弧がある場合は、それぞれ &#91;&#93; に置き換える仕様を追加。
リンクラベルに半角の角括弧が含まれている場合の数値文字参照への変換を自動で行うようにしました。(※ボタンクリックでリンク記法を生成する場合のみ。)
てがろぐ側の記法の都合上、リンクラベルの中に半角の角括弧記号 [] を含めることはできません。ただ、リンクラベルの中に文字実体参照の書き方を使って &#91;&#93; のように書けば、リンクラベルとして半角角括弧を表示することはできます(従来から)。
そこで、「任意URLリンク」ボタンを押したときに範囲選択されている文字列の中に半角角括弧が含まれていた場合は、自動で &#91;&#93; に変換するようにしました。

※ボタンを使わずに自力でリンク記法を記述した場合には変換されません(その際は、自力で &#91;&#93; とお書き頂く必要があります)。

🌷サムネイル画像がUPされている画像には、画像情報編集画面でもサムネイル画像へのリンクが表示されるように。
画像管理画面からアクセスできる各画像の画像情報編集画面で、サムネイル画像の存在も確認できるようにしました。
従来から画像格納用ディレクトリの中に mini というサブディレクトリを作って同名の画像ファイルをUPしておけば、それがサムネイルとして扱われる機能があります。この方法を使ってサムネイル画像をUPしている場合は、下図のように、画像管理画面からアクセスできる各画像の画像情報編集画面で、サムネイル画像の存在も確認できるようにしました。
(キャプション自動取得対象外)
上図の水色矢印の先のように、サムネイル画像の存在が表示されます。クリックするとLightboxで表示されます。サムネイル画像の存在が認識されていない場合は、この「サムネイル」項目自体が表示されません。詳しくは、使い方・設定方法ページの「サムネイル用画像の確認画面」項目もご覧下さい。

※この画面からサムネイル画像をUPしたり消したりすることはできません。単に「あれば表示する」というだけの機能です。
本当はここから新規にサムネイル画像をUPしたり消したりできるようにしようと思っていたのですが、思ったよりも面倒だったので先送りしました。_(┐「ε:)_
それを実装するには、もうちょっと多めの気力が必要そうです……。🍮🍩🍫🍰🍨


🌷投稿一覧画面で表示対象を絞り込んでいる際には、「絞り込みを解除する」リンクも表示。
検索語を手動で削除しなくても、リンクを押すだけで絞り込み状態を解除できるようにしました。
管理画面の投稿一覧画面では、一覧対象の投稿を任意の検索語で絞り込むことができます。その際、元の「何も絞り込んでいない状態」に戻すには、従来は検索語を削除してから「検索」ボタンを押す必要がありました。その操作が少々面倒でしたので、下図のように「絞込解除」というリンクを表示するようにしました。これを押すと、絞り込んでいない状態に戻れます。
(キャプション自動取得対象外)

🌷管理画面のTOPに、稼働しているPerlのバージョンを表示。
参考までに、お使いのサーバで稼働しているPerlのバージョン(と、てがろぐを稼働させるために必須のPerlモジュールである「CGI.pm」のバージョン)を、管理画面のTOPに表示するようにしました。
下図の矢印の先に薄く表示されています。
(キャプション自動取得対象外)
何か不思議なトラブルに遭遇した場合には、この辺のバージョン番号も併せてお知らせ頂けると何かの参考になるかもしれません。

※Time::Localモジュールも必須なんですが、そちらは(Perlの標準モジュールに含まれているためなのか)単独でバージョン情報を得る方法がなさそうでしたので、表示していません。
たぶんないとは思うのですが、『てがろぐのページ自体は正しく表示されるのに、管理画面のTOPだけが 500 Internal Server Errorになる』という場合は、お手数ですがお知らせ下さい。Perlのバージョンがすごく古い場合には、バージョンの表示方法に問題があって管理画面のTOPが表示できなくなってしまっている可能性があります。一応、その可能性は潰したと思ってはいるのですけども。少なくとも Perl 5.8.6 では大丈夫だったのですが。それよりも古いバージョンでは確認できていませんので。(※てがろぐの動作には Perl 5.6 以上が必要ですから、5.6未満の環境では元々動きません。)


▼仕様改善:
🍏ツイートのURLが x.com ドメインになっていても埋め込めるようにしました。
モバイルアプリからツイートを共有しようとすると、ドメインが twitter.com ではなく x.com になるようですので、その x.com ドメインでもツイートを埋め込めるようにしました。(従来の twitter.com ドメインでも引き続き埋め込み可能です。)

🍏リンクを新規タブに表示するよう設定している場合は、「Twitterで見る」のリンクも同様に新規タブに表示するよう改善。
ツイートが埋め込まれるまでの間に表示される「Twitterで見る」のリンクは従来、(てがろぐ側の設定値にかかわらず)常に同一ウインドウ内で表示されるリンクになっていました。この仕様を改善して、てがろぐ側の設定で「新規タブで開く」または「フレームを解除して開く」に設定されている場合には、この「Twitterで見る」のリンクも同様のリンク方法になるようにしました。
(キャプション自動取得対象外)

🍏検索窓に加わるチェックボックスで、ラベルとして表示される文字列だけを、さらにspan要素で囲むよう改善。(ラベルだけを装飾したい場合や、JavaScriptで書き換えたい場合などに処理しやすいように。)
カテゴリ限定表示時やハッシュタグ限定表示時のように表示対象が限定されている場合や、ギャラリーモード・サイトマップページモードのように特別な表示時には、その状態を維持したままで検索結果を表示できるようにするチェックボックスが検索窓に追加されます。このとき、限定対象を示す文字列だけを下記のようにspan要素で囲むようにしました。(ラベルだけを装飾したい場合や、ラベルの文字をJavaScriptで書き換えたい場合などに処理しやすいように。)
※class名は付加していませんので、親要素のclass名を使って特定して頂く必要があります。
(キャプション自動取得対象外)
詳しくは、カスタマイズ方法ページ内の『検索対象が限定されている場合に追加表示されるチェックボックスを含んだ出力HTML』や『複合検索窓の各部分をCSSで装飾する方法』に掲載している解説をご覧下さい。

🍏ナビゲーション系の記法で、リンク先URLの末尾に余分な & 記号が付いた状態で出力されてしまうケースがあったが、付かないように改善。
何らかのリンクを出力する記法を使った際に、リンク先として出力されるURLの末尾に、余分な(=あってもなくても動作は変わらない)「&」記号が1つ付加されてしまうケースが時々ありました。
あっても特に動作上の問題はないのですが、見た目にちょっとどうかと思いましたので、付かないようにしました。(まだ付いている箇所があったら教えて下さい。)

🍏内側スキンで [[COMMENT:LINE:3]] のように、特定の1行だけを抽出する記法では、最後に必ず <br /> タグが付加されていたが、付加されない仕様に改善。
内側スキンでは、リファレンスの【投稿本文関連要素(オプション)】区画で解説しているように、『投稿本文を行単位で分割して挿入する記法』が使えます。
このとき、指定の1行だけを抜き出す [[COMMENT:LINE:3]] のような記法を使った場合でも、最後に必ず改行タグ <br /> が付加される仕様でした。
ブラウザ上での表示上(見た目)にはあまり問題ないでしょうけども、<br /> が付いていることで、スクリプト等から文字列を活用したい場合には、少々加工する手間が必要になってしまう問題がありました。ので、1行だけを抽出する場合には <br /> が付かない状態で出力されるよう改善しました。

※あまりないとは思いますが、もし末尾に <br /> が付くことを前提にして何かを作っている場合には、手動で <br /> を加えて頂く必要が出てきますのでご留意下さい。

🍏ユーザアイコンの指定が http:// や https:// で始まるURLで指定されている場合で、設置ドメインと同じURLなら、ドメイン名までを自動で省略するように改善。
てがろぐCGI自体が HTTPS で稼働しているのに、ユーザアイコンを http:// のようにHTTPで表示させてしまっている場合に、HTTPS・HTTP混在で画像が非表示になってしまうのを防ぐため、ユーザアイコンの存在するドメインが、てがろぐ設置ドメインと同じ場合に限って、以下のように自動修正されて出力されるようにしました。
  • 設定された値: http://www.example.com/image/usericon.png
  • 実際の出力値: /image/usericon.png

※「画像URLのドメイン」と「てがろぐ設置ドメイン」とが異なる場合には自動調整はされません。

🍏これまで $howtogetpath の値を変更しないと正常動作しなかったサーバでも、(おそらく)書き換えなくても動作するように改善。
従来、mixhostやカラフルボックスなど一部のサーバに設置する場合には、tegalog.cgiソース77行目にある $howtogetpath の値を 0 に書き換えて頂く必要がありました。この処理を見直したため、書き換えずに 2 のままで動作できるようになりました。

今まで、この $howtogetpath の値を 0 に書き換えて設置なさっていた方々は、試しに、書き換えずに 2 のままで上書き設置してみて下さい。おそらく問題なく動作すると思います。


▼今回のスキン更新:
🌻画像一覧モードで使うための新スキン「skin-picts」を追加。(※完全版ZIPに同梱)
(キャプション自動取得対象外) (キャプション自動取得対象外)
画像一覧モードについては、使い方・設定方法ページの「画像一覧モード」項目や、カスタマイズ方法ページの「画像一覧モード用スキンの作り方・使い方」項目をご参照下さい。


🌻標準添付の各スキンに、画像一覧モードへのリンクも追加。(チャットスキンと特殊スキンを除くすべて)
チャットスキンと特殊スキンを除くすべての標準添付スキンに、画像一覧モードへのリンクも掲載するように追記しました。


#不具合修正
❎ラベル付きリンクを書いた際に、リンク先URLの途中にさらに「http://」の文字列が出てくるとリンク表示が崩れてしまうバグを修正。
URLは「https://」などで始まりますが、そのURLの途中にさらに「http://」や「https://」という文字列が含まれる可能性もあります。そのようなURLをラベル付きリンクとして書くと、表示が崩れてしまう不具合がありましたので修正しました。

※URLの途中にそのような文字列が登場するURLとしては、例えば、下記のようなInternet Archive(Wayback Machine)のURLなどが該当します。
例: https://web.archive.org/web/20230414030755/https://www6.nhk.or.jp/anime/...

❎ギャラリーモードやサイトマップページモードで複合検索窓を使うと、表示中のモードが解除されてしまう問題を解決。(※スキンの書き方によってはスキン側に識別子を追記する必要あり)
複合検索窓をギャラリーモードやサイトマップページモード用のスキンに加えると、検索結果が必ず「そのモードを解除した状態」で表示されてしまう問題がありました。その点を解決しました。

複合検索窓を [[SEARCHBOX:COMPLEX]] という記法で出力している場合には、何もしなくても解決します。
しかし、 [[SEARCHBOX:COMPLEX:識別子]] のように、表示項目を選択して使っている場合には、識別子の中に「 M 」を書き加えて頂く必要がありますのでご注意下さい。詳しくは、カスタマイズ方法ページ内の『検索条件プルダウンメニューの取捨選択や掲載順序の指定』をご覧下さい。

❎新着画像リストの表示設定で、『サムネイル画像があればサムネイルの方を表示』を設定していても効いていなかった不具合を修正。
サムネイル画像をUPしていても、新着画像リストではサムネイル画像ではなくオリジナル画像の方を問答無用で表示してしまっていた不具合を修正しました。

管理画面の[設定]→[ページの表示]→【新着画像リストの表示】→「新着画像リストに表示する対象」区画の『サムネイル画像があればサムネイルの方を表示』項目をONにしていれば、サムネイル画像の方を新着画像リストに表示するようになります。(※別の設定【投稿本文の表示/画像】内にも『サムネイル画像があればサムネイルの方を表示』という項目がありますが、こちらの設定は新着画像リストとは無関係ですのでご注意下さい。)

❎GALLERY、SITEMAPの各モードで日付境界バーを表示したときに、「この範囲を時系列順で読む」のリンクを使うと表示モードが解除されてしまう(=表示モードを維持できない)不具合を解消。
ギャラリーモードやサイトマップページモードでも、設定すれば日付境界バーを表示できます。このとき、日付境界バーに掲載されている「この範囲を逆順/時系列順で読む」等のリンクを使うと、標準モードに戻ってしまう不具合を修正しました。現在のモードを維持した状態で時系列順等の表示ができるように修正しました。

❎新着画像リストの出力で [[IMAGELIST:GALLERY]] 等のように表示モードを指定しても効いていなかった不具合を修正。
新着画像リストを挿入する記法 [[IMAGELIST]] には、モードを追加できるオプション記法があり、例えば [[IMAGELIST:GALLERY]] と書くと、ギャラリーモードで画像を検索するリンクになるはずでした。……が、そのモード指定が一切効いておらず、常に標準モードでの検索になってしまっていた不具合を修正しました。


以上、ご活用頂ければ幸いです。

※不具合の修正も含んでおりますので、使いたい追加機能がない場合でもアップグレード頂くことをお勧め致します。
※バージョンアップしても、ログインし直す必要はありません。ログイン状態は維持されます。データや設定はそのまま引き継げますし、もし必要になれば後からバージョンダウンすることも可能です。バージョンアップ方法について詳しくは、「CGIの更新方法」をご覧下さい。

なお、開発進捗状況報告サイトでフォロー頂くと、てがろぐCGIの最新β版や正式版の公開時にメールで連絡を受け取ることもできますので、ぜひご活用下さい。(╹◡╹)ノ
フォロー数が増えると、私の開発モチベーションが向上するメリットもあります!!!🤩

:17189文字 修正

てがろぐ Ver 3.9.0 を公開しました! #Update

てがろぐ Ver 3.9.0 を公開しました。画像をキャプション付きで表示できる機能、新着画像リスト表示機能、サムネイルがあればそちらを先に表示する機能、投稿経過時間の表示機能、インスタグラム埋め込み機能、「続きを読む」ボタンラベルをその都度指定できる新記法、リスト表示用の記法などの追加が主な更新点です。その他、細かな機能追加や不具合修正を含んでいます。
https://www.nishishi.com/cgi/tegalog/

アップデートするには、tegalog.cgifumycts.pl の2ファイルだけ(※)を上書きアップロードして下さい。
データファイルや設定ファイルは、すべてそのまま引き継げます。(Ver.2以下も含む過去のどのバージョンからでも)

※今回も標準添付スキンのソースを全体的に更新しています。標準添付スキンをそのままお使いの場合は、それらも上書きアップロードして下さい。

🆕 Ver 3.9.0の更新点(概要):
《▼新機能:画像投稿関連》
新着画像リスト(最近UPされた画像の一覧)出力機能。
UPされた画像1つ1つにキャプションやフラグ等を事前登録しておける画像インデックス機能。
画像をキャプション付きで表示できる新記法を追加。
画像のキャプションをその都度指定できる新記法を追加。
その画像に対応したサムネイル画像が存在する場合には『ページ上の表示にはサムネイル画像を使い、Lightboxでのリンク先にはオリジナル画像を使う』ように表示できる機能を追加。
投稿本文内に含まれる画像をすべて抽出して表示できる記法を追加。

《▼新機能:ページ上の表示関連》
インスタグラムの埋め込み機能。
投稿日付の表示に(n分前、n時間前、n日前……のような)経過時間を表示できる日付表記オプション。
ページ番号の省略を始める総ページ数を自由に設定できる機能。
ページ番号リンクの両端(先頭と末尾)に何ページずつ固定表示するかを変更できる機能。
サイドコンテンツ各種でもギャラリーモードやサイトマップページを維持したリンクを出力できる新記法。

《▼新機能:表示を拡張する新記法》
「続きを読む」ボタンのラベルをその都度指定できる新記法を追加。
リストを表示するための専用記法。(箇条書きリストや番号付きリストが表示可能に)
投稿本文の行数が得られる記法を追加。(内側スキンのみ)
RSS Auto-Discoveryを挿入する記法を追加。(外側スキンのみ)

《▼新機能:スキンのカスタマイズ関連》
上位ディレクトリや別階層に存在するスキンでもプレビューしたり簡易適用したりできる機能。
投稿本文内の、任意の範囲をコメントアウトできる記法。
各種ディレクトリのパス(PATH)を得られる新記法を追加。
スキン内に記述されている link要素やform要素に対して、「現在のスキンでの表示を維持する」目的で自動挿入される各種記述をスキップできる記法を追加。
[[INCLUDE:~]] 記法と [[PATH:~]] 記法を、内側スキンでも使用可能に。(従来は外側スキン専用でした)
任意のファイルを挿入できる INCLUDE 記法の仕様拡充。

《▼新機能:設定項目》
記述サンプルを自動入力するかどうかの設定項目と、文字色や背景色として自動入力するサンプル文字列の設定項目を追加。
●ログインフォームの下部に表示できるメッセージを設定画面で設定できる機能。
●ハッシュタグだとは認識されない「 # 」記号を簡単に表示させる方法として、「&#35;」を入力できる項目をハッシュタグ簡単入力プルダウンメニューに追加できる機能を追加。
●投稿本文中にAmazonのURLが書かれたとき、自動で極力短く加工する機能を追加(標準ではOFF)。

《▼仕様改善》
拡大画像をLightboxで表示できるテキストリンクを作る記法に、「画像リンクに独自のclass属性値を追加する」と同じclass属性値も追加されるよう仕様改善。
●全文検索の強調表示では、半角英字の大文字小文字が一致しなくても強調対象になるよう仕様改善。
●上位ディレクトリを参照するパスで画像が指定されたときに、ファイルが見つからなければ注釈を含むエラーを表示するよう仕様改善。
●デフォルトで読み込むjQueryやLightboxを最新版にバージョンアップ。

《▼スキン更新》
標準添付の各スキンを更新

《▼不具合修正》
「スラッシュで始まる絶対パス」で画像が指定されたとき、画像のURLが正しくなくなって画像が表示されない不具合を解消。
「続きを読む」記法が使われている状態で、設定画面から「続きを読む」機能をOFFにすると、Internal Server Errorになる不具合を修正。
「skin=」パラメータでスキンが指定されているとき、投稿本文内のハッシュタグをすべて抜き出す記法 [[COMMENT:TAGS]] が動作しない不具合を解消。
ハッシュタグに半角アンダーバー「_」を使うと、既存ハッシュタグ簡単入力用プルダウンメニューでは角括弧付きでリストアップされる不具合を修正。
内側スキンで [[CATEGORYLINKS:FULL]] と書いても、カテゴリページへのURLがフルパスでは出力されない不具合を解消。
投稿単独ページのURLを挿入する [[PARMAURL]] キーワードのスペルを [[PERMAURL]] でも認識するよう改善。
「Unrecognized escape \\v passed through at tegalog.cgi」というアラートがサーバのエラーログに記録される問題を解消。
サーバのエラーログに「CGI::param called in list context」のようなアラートが出力されるのを防ぐよう改善。
設定画面のHTMLにいくつか存在していた文法ミスを修正。
リンクラベルの中に &#35; での # 記号が入っていても正しくラベルとして使えるよう仕様を修正。
「続きを読む」機能を入れ子にして使うと、ボタンラベルが正しく出力されないケースがある不具合を修正。


▼新機能:画像投稿関連
🌸新着画像リスト(最近UPされた画像の一覧)出力機能。
最近にアップロードされた画像だけの一覧を表示する「新着画像リスト」表示機能を追加しました。
画像保存用ディレクトリに存在する画像のうち、「一覧外」フラグが立てられていないすべての画像を対象に、新着順に指定個数だけ表示します。Twitterのプロフィールページ右上に見えるメディア欄のような感じの表示を作りたい場合に活用できます。
詳しくは、新着画像リストの設定方法などをご覧下さい。
表示例

新着画像リストの出力方法は、リファレンス内の【新着画像リスト要素】をご覧下さい。
新着画像リストの装飾に関する参考情報は、新着画像リストの装飾方法をご覧下さい。

標準添付スキンのうち(チャットタイプスキンを除く)8種類のスキンにも新着画像リスト用のHTML+CSSを加えてあります。標準添付スキンをそのままお使いの場合は、上書きアップロードすれば新着画像リストも表示されるようになります。もし、大きくカスタマイズしてお使いの場合や、独自のスキンを作ってお使いの場合には、標準スキンの下記の位置にあるソースをコピー&ペーストするなどしてご活用頂くと、標準スキンと同じ見た目を手っ取り早く実現できるでしょう。

✅まず、外側スキン(skin-cover.html)には、以下のようなHTMLを加えています。
うまく装飾するためには、[[IMAGELIST]] の外側に何らかのブロック要素を加えておく方が良いと思います。 下記では <p class="imagelistbox">~</p> で囲んでいます。
skin-cover.html の 131行目~141行目

✅次に、CSS(tegalog.css)では、以下のようなソースで装飾しています。 CSSソース内で ▼画像一覧リスト区画 という文字列を検索すると見つかります。この区画の中身をコピーするなどしてご活用下さい。
tegalog.css の 1057行目~1101行目
特に、画像サイズを調整している箇所は、1080~1089行目にある /* ▼各画像の装飾 */ と書かれた区画です。(上図のほぼ中央付近)畳む


🌸UPされた画像1つ1つにキャプションやフラグ等を事前登録しておける画像インデックス機能。
てがろぐ上にアップロードした画像1つ1つに、あらかじめキャプションを登録しておいたり、表示上の調整を加えられるフラグを設定しておいたり、縦横サイズを手動設定しておいたりできる画像管理機能を加えました。
詳しくは、画像管理画面で画像1つ1つにキャプションやフラグを登録する方法をご覧下さい。
画面構成
フラグには「NSFW(not safe for work)」もあり、標準添付の各スキンでは、このNSFWフラグが設定された画像は、デフォルト状態ではぼかされて表示されます。

※従来の画像表示形態はそのまま何も変わりません
今バージョンからは画像にキャプションを登録できるようになりましたが、それは「キャプションを表示したければできる」というだけであって、既存の画像表示は何も変わりません。なので、CGIをバージョンアップしても、今お使いのスキンはそのまま問題なく継続してご使用頂けます。

🌸画像をキャプション付きで表示できる新記法を追加。
あらかじめ登録しておいたキャプション付きで画像を表示できる新しい記法として [PICT:FIG:ファイルパス] を追加しました。
詳しくは、画像を表示する書き方のまとめをご覧下さい。

なお、この記法によって画像が表示される際に、どのようなHTMLとして出力されるのかは、カスタマイズ方法ページの「画像の表示方法に応じた実際の出力HTMLと装飾例」等で紹介していますのでご参照下さい。

🌸画像のキャプションをその都度指定できる新記法を追加。
画像に任意のキャプションをその都度指定できる記法として [PICT:FIG(キャプション):ファイルパス] を追加しました。
画像にキャプションを事前登録しておけるのは、画像保存用ディレクトリ内に存在する画像だけです。そのため、先の [PICT:FIG:~] 記法を使って、画像保存用ディレクトリ以外の場所にあるファイルを指定しても、キャプションは表示できません(※「キャプション自動取得対象外」というエラーがキャプションとして表示されます)。しかし、 [PICT:FIG(臨時キャプション):~] 記法を使うことで、画像保存用ディレクトリ以外に存在する画像にもその都度キャプションを指定できます。

🌸その画像に対応したサムネイル画像が存在する場合には『ページ上の表示にはサムネイル画像を使い、Lightboxでのリンク先にはオリジナル画像を使う』ように表示できる機能を追加。
サムネイル画像があればサムネイル画像の方を表示する機能(簡易版)を用意しました。
ファイルサイズの大きな画像を掲載したい場合などでは、最初はサイズの小さなサムネイル画像を見せておいて、拡大操作がされた際にだけオリジナルの画像を見せたい場合もあるでしょう。そのような動作を実現できます。詳しくは、サムネイル画像があればサムネイル画像の方を表示する機能(簡易版)をご覧下さい。
表示例

🌺投稿本文内に含まれる画像をすべて抽出して表示できる記法を追加。
投稿本文内に含まれる画像だけを抽出して表示できる記法 [[COMMENT:PICTS]] を追加しました。投稿本文内に含まれるハッシュタグだけを抽出する [[COMMENT:TAGS]] と同様の感じで動作します。
詳しくは、リファレンスの【投稿本文関連要素(オプション)】内にある「抽出結果を挿入(画像)」項目をご覧下さい。


▼新機能:ページ上の表示関連
🌸インスタグラムの埋め込み機能。
投稿本文中に、Instagramの1投稿を埋め込むこともできるようになりました。
詳しくは、Instagram(インスタグラム)の投稿を埋め込む書き方をご覧下さい。
表示例

🌸投稿日付の表示に(n分前、n時間前、n日前……のような)経過時間を表示できる日付表記オプション。
投稿日時を表示できる [[DATE:~]] 記法に、投稿されたのが現在からどれくらい前なのかを「40秒前」や「3分前」や「12時間前」や「50日前」などのように相対時間で表示できる日時表記オプションを追加しました。
投稿日時を表示できる [[DATE:~]] 記法の中に……
🌰「A」と記述すれば、5秒前、6分前、7時間前、8日前、9年前 のように表示(未来の日付だと、1日後、2時間後、3分後のように表示)されます。
🌰「a」と記述すれば、5秒、6分、7時間、8日、9年 のように表示(未来の日付だと、-1日、-2時間、-3分のように表示)されます。
詳しくは、リファレンスの【投稿日時関連要素】をご覧下さい。その項目末尾の補足欄に、より詳しい解説を記しています。

🌸ページ番号の省略を始める総ページ数を自由に設定できる機能。
🌸ページ番号リンクの両端(先頭と末尾)に何ページずつ固定表示するかを変更できる機能。
ページ番号の省略を始める総ページ数と、ページ番号リンクの両端(先頭と末尾)に何ページずつ固定表示するかを、設定画面で変更できるようになりました。
ページネーションの占有幅を省略時のデフォルトサイズ(下図の左端)よりももっとコンパクトにしたい場合などにご活用頂けます。
設定例
詳しくは、ページ番号の省略を始める総ページ数や、ページ番号リンクの両端に何ページずつ固定表示するかを変更するをご覧下さい。

🌸サイドコンテンツ各種でもギャラリーモードやサイトマップページを維持したリンクを出力できる新記法。
サイドコンテンツ各種(例えばハッシュタグ一覧やカレンダー等)でも、ギャラリーモードやサイトマップページを維持したリンクを出力できる新記法を追加しました。
ハッシュタグ一覧、日付一覧、カレンダー、新着リスト等の「サイドコンテンツ」をギャラリーモード用スキンに掲載したとしても、それらのリンク先は「ギャラリーモードを解除したページ」になっています。そうではなく、「ギャラリーモードのまま表示」したい場合のための新記法を追加しました。

🌰ハッシュタグ一覧リンク:
⬜従来からの(モード解除リンクになる)記法  [[HASHTAG:LIST]]
✨ギャラリーモードでのリンクになる記法  [[HASHTAG:LIST:GALLERY]]
✨サイトマップページでのリンクになる記法 [[HASHTAG:LIST:SITEMAP]]

🌰ハッシュタグ選択プルダウンメニュー:
⬜従来からの(モード解除移動になる)記法  [[HASHTAG:PULL]]
✨ギャラリーモードへの移動になる記法  [[HASHTAG:PULL:GALLERY]]
✨サイトマップページへの移動になる記法 [[HASHTAG:PULL:SITEMAP]]

[[HASHTAG:PULL:JS]] も同様に [[HASHTAG:PULL:JS:GALLERY]][[HASHTAG:PULL:JS:SITEMAP]] と書けます。

🌰日付一覧リンク:
⬜従来からの(モード解除リンクになる)記法  [[DATEBOX:LIST]]
✨ギャラリーモードでのリンクになる記法  [[DATEBOX:LIST:GALLERY]]
✨サイトマップページでのリンクになる記法 [[DATEBOX:LIST:SITEMAP]]

🌰日付検索プルダウンメニュー:
⬜従来からの(モード解除移動になる)記法  [[DATEBOX:PULL]]
✨ギャラリーモードへの移動になる記法  [[DATEBOX:PULL:GALLERY]]
✨サイトマップページへの移動になる記法 [[DATEBOX:PULL:SITEMAP]]

※日付一覧と日付検索を両方いっぺんに出力できる [[DATEBOX]] 記法は対象外です。

🌰カレンダー:
⬜従来からの(モード解除リンクになる)記法  [[CALENDAR]]
✨ギャラリーモードでのリンクになる記法  [[CALENDAR:GALLERY]]
✨サイトマップページでのリンクになる記法 [[CALENDAR:SITEMAP]]

※前後の月へ移動できる(主にカレンダー移動リンクとして使うことを想定した)[[MOVEMONTH:-1:URL]]記法は対象外です。この記法は(リンクが出力されるのではなく)URLが出力されるだけですから、ギャラリーモードで表示したい場合には自力でリンクに「 &mode=gallery 」を加えて下さい。

🌰新着リストリンク:
⬜従来からの(モード解除リンクになる)記法  [[LATESTLIST]]
✨ギャラリーモードでのリンクになる記法  [[LATESTLIST:GALLERY]]
✨サイトマップページでのリンクになる記法 [[LATESTLIST:SITEMAP]]

🌰カテゴリツリーのリンク先:
⬜従来からの(モード解除リンクになる)記法  [[CATEGORY:TREE]]
✨ギャラリーモードでのリンクになる記法  [[CATEGORY:TREE:GALLERY]]
✨サイトマップページでのリンクになる記法 [[CATEGORY:TREE:SITEMAP]]

※識別子を使ってカスタマイズされた [[CATEGORY:TREE:<IT>CBD]] のような記法でも、末尾に加えて [[CATEGORY:TREE:<IT>CBD:GALLERY]][[CATEGORY:TREE:<IT>CBD:SITEMAP]] のように書くことができます。

🌰カテゴリプルダウンメニュー:
⬜従来からの(モード解除移動になる)記法  [[CATEGORY:PULL]]
✨ギャラリーモードへの移動になる記法  [[CATEGORY:PULL:GALLERY]]
✨サイトマップページへの移動になる記法 [[CATEGORY:PULL:SITEMAP]]

[[CATEGORY:PULL:JS]] も同様に [[CATEGORY:PULL:JS:GALLERY]][[CATEGORY:PULL:JS:SITEMAP]] と書けます。

🌰使用上の注意:
ギャラリーモードの表示対象にならない投稿しか該当しない場合は、1件も表示されないリンクになる点に注意
ギャラリーモードは、投稿本文内に投稿画像が1つ以上含まれている場合にだけ表示されるモードです。なので、
・画像が含まれていない投稿でしか使われていないハッシュタグ
・画像が含まれていない投稿しかしなかった日付
・画像が含まれていない投稿でしか使われていないカテゴリ
等がある場合、それらのリンク先では「表示できる投稿が1件も見つかりませんでした」等のメッセージだけが見えます。(ギャラリーモードとして表示可能な投稿へのリンクだけが生成される仕様ではありません。)

※なお、これらの記述はギャラリーモードやサイトマップページ以外のスキンでも使用可能です。(外側スキンなら、どこでも使用可能です。)
畳む


▼新機能:表示を拡張する新記法
🌸「続きを読む」ボタンのラベルをその都度指定できる新記法を追加。
「続きを読む」ボタンのラベルを、設定で一括変更する以外に、その都度本文で指定できる記法 [H:ボタンラベル:~中身~] を追加しました。
この記法を使えば、任意のラベルを臨時に使うことができます。「ネタバレ」や「長くなるので畳む」や、隠されている範囲に含まれている内容の注意喚起「巨大画像注意(10MB)」などにも使えるでしょう。
動作例
詳しくは、「続きを読む」ボタンのラベルをその都度指定する書き方をご覧下さい。

🌸リストを表示するための専用記法。(箇条書きリストや番号付きリストが表示可能に)
装飾記法に、箇条書きリスト、番号付きリスト、説明リスト等を出力できるオプションを加えました。
各種リストを出力できるほか、任意の先頭記号を指定したり、任意のclass名を付加したりもできます。詳しくは、リスト(箇条書き/番号付き/説明)の指定をご覧下さい。
記述と表示例
記述と表示例
記述と表示例

🌺投稿本文の行数が得られる記法を追加。(内側スキンのみ)
投稿本文の文字数が得られる [[LENGTH]] に対して、投稿本文の行数が得られる記法 [[TOTALLINES]] を追加しました。
ここでの行数は、見た目の行数ではなく、HTML上の論理行数(正確には改行の数)です。行数を表示したい場合のほか、行数の多さに応じてスクリプト等で何らかの処理を加えたい場合等に活用できるかもしれません。

🌺RSS Auto-Discoveryを挿入する記法を追加。(外側スキンのみ)
RSSフィードの存在を自動検知させる仕組みである「RSS Auto-Discovery」を出力できる専用のキーワード [[RSS:AUTODISCOVERY]] を用意しました。
従来のように、link要素を自力で組み立てる必要がなくなります。これによって、従来のスキンに存在した『RSSを使わない設定にしているのに、Auto-Discoveryの記述だけは存在する』という無駄な出力を避けられます。
詳しくは、RSSフィードの出力や、RSSフィード用スキンの作り方・使い方や、リファレンスの「特殊機能要素」欄をご覧下さい。


▼新機能:スキンのカスタマイズ関連
🌸上位ディレクトリや別階層に存在するスキンでもプレビューしたり簡易適用したりできる機能。
他の階層(上位のディレクトリとか)に存在するスキンでもプレビューしたり簡易本番適用したりできるようにしました。
てがろぐを複数個設置して併用しているとき、同じスキンを使って運営したいなら1カ所にあるスキンを共用できる方がカスタマイズが楽でしょう。
詳しくは、「スキンは、直下のサブディレクトリ以外の別階層にあっても使える」をご覧下さい。

🌺投稿本文内の、任意の範囲をコメントアウトできる記法。
記法 [!-- 中身 --] で、任意の範囲をコメントアウトできる仕様を追加しました。
詳しくは、任意の範囲をコメントアウトする書き方をご覧下さい。

🌺各種ディレクトリのパス(PATH)を得られる新記法を追加。
てがろぐに関連する各種ディレクトリへのパス(PATH)だけを得られる新記法として、[[PATH:CGIDIR]][[PATH:SKINDIR]] など7種類の記法を追加しました。
複数のスキンを組み合わせて運営したい場合などに役立つかもしれません。
詳しくは、リファレンスの【各種パス挿入要素】をご覧下さい。

🌺スキン内に記述されている link要素やform要素に対して、「現在のスキンでの表示を維持する」目的で自動挿入される各種記述をスキップできる記法を追加。
「現在のスキンでの表示を維持する」目的で挿入される各種の自動調整をスキップできる記法 [[NO-LINKADJUSTMENT]] を追加しました。
従来から、デフォルトスキン以外のスキンが適用されているときには、3種類のリンク自動調整処理が働く仕様になっていました。これらの自動処理を無効化する指示として、記法 [[NO-LINKADJUSTMENT]] を追加しました。複数のスキンを同時に活用している場合で、ある特定のスキンに対してリンクが自動調整されると困る場合にお使い頂けます。
詳しくは、適用スキンを維持するためのリンク自動調整仕様をご覧下さい。

🌺[[INCLUDE:~]] 記法と [[PATH:~]] 記法を、内側スキンでも使用可能に。
従来は外側スキンだけでしか使えなかった INCLUDE 記法を内側スキンでも使用可能にしました。また、新設の PATH 記法も両方で使えます。
詳しくは、リファレンスの外側スキンと内側スキンの両方で使用可能な共通キーワードの一覧と書き方項目をご覧下さい。

🌺任意のファイルを挿入できる INCLUDE 記法の仕様拡充。
合成できるファイルの仕様を大幅に拡充しました。
詳しくは、リファレンスの外側スキンと内側スキンの両方で使用可能な共通キーワードの一覧と書き方項目内の「ファイル合成要素」項目をご覧下さい。
例えば以下のような仕様拡充があります。
  • [[INCLUDE:~]] 記法で合成されたファイルの中に書かれている [[INCLUDE:~]] 記法も解釈するよう仕様改善。(ただし3階層まで)
  • 今読んでいるスキンディレクトリに存在する特定のファイルを読み込む [[INCLUDE:FROM-THIS-SKIN-DIR:ファイル名]] 記法を追加。
  • [[INCLUDE:~]] 記法の中で [[PATH:~]] 記法によるパス指定が可能に。
  • [[INCLUDE:~]] 記法で合成されたファイルの中に [[CALENDAR]][[DATEBOX]][[LATESTLIST]] 等、一部の記述があるとき、それが正しく解釈されない可能性があった点を修正。
  • [[INCLUDE:~]] 記法で埋め込むファイル名として「/」で始まる絶対パスが指定された場合は、DOCUMENT ROOTからのパスとして解釈するよう仕様改善。(従来は相対パスでの記述を求めていました)



▼新機能:設定項目
🌺記述サンプルを自動入力するかどうかの設定項目と、文字色や背景色として自動入力するサンプル文字列の設定項目を追加。
装飾ボタンを押した際に、記述サンプルや色名サンプルを自動入力するかどうか、自動入力する場合にデフォルトのサンプル色を何にするか等を設定できる機能を加えました。
詳しくは、記述サンプルを自動入力するかどうかの設定と、文字色や背景色として自動入力するサンプル文字列を設定する方法をご覧下さい。
設定位置

●ログインフォームの下部に表示できるメッセージを設定画面で設定できる機能。
てがろぐのログインフォーム(=ログインしていない状態で管理画面にアクセスしたときに最初に表示されるログイン画面)の下部に任意のメッセージを表示できる機能が以前からありましたが、これを管理画面の「設定」で登録しておける機能を加えました。
20230114141652-nishishi.png

●ハッシュタグだとは認識されない「 # 」記号を簡単に表示させる方法として、「&#35;」を入力できる項目をハッシュタグ簡単入力プルダウンメニューに追加できる機能を追加。
詳しくは、ハッシュタグにならない「 # 」記号を書きたい場合をご覧下さい。
設定位置

●投稿本文中にAmazonのURLが書かれたとき、自動で極力短く加工する機能を追加(標準ではOFF)。
Amazonの商品URLを自動で短くする機能を加えました。詳しくは、投稿本文中にAmazonのURLが書かれたとき、自動で極力短く加工する機能をご覧下さい。
設定位置


▼仕様改善
🌺拡大画像をLightboxで表示できるテキストリンクを作る記法に、「画像リンクに独自のclass属性値を追加する」と同じclass属性値も追加されるよう仕様改善。
画像を直接埋め込まずに、画像へのテキストリンクとして掲載しつつ、リンク先の画像はLightboxで見せたい場合の書き方 [リンクラベル:LB] の出力仕様を拡張し、data-属性ではなくclass属性に指定の記述が必要なスクリプトでも使えるようにしました。
詳しくは、画像を直接埋め込まずに、画像へのテキストリンクとして掲載しつつ、リンク先の画像はLightboxで見せたい場合の書き方をご覧下さい。

●全文検索の強調表示では、半角英字の大文字小文字が一致しなくても強調対象になるよう仕様改善。
従来は、(全文検索そのものでは大文字/小文字を区別しないものの)大文字/小文字が一致していないと強調表示はされませんでした。
例えば、投稿本文に「Sister」という英単語があり、検索語「sister」で検索した場合、
●従来は、検索にはヒットするものの強調表示はされませんでした。(先頭の大文字/小文字が一致しないため)
●今後は、検索にヒットする上、強調表示もされるようになります。

●上位ディレクトリを参照するパスで画像が指定されたときに、ファイルが見つからなければ注釈を含むエラーを表示するよう仕様改善。
本文中に画像を表示する記法で、[PICT:/hogehoge/hoge.png] などのように、スラッシュで始まる絶対パスで画像が指定されたときに、ファイルが見つからなければその旨をエラー表示するよう仕様を改善しました。
➡ 従来は、指定した位置に画像が存在しない場合でも、『何も表示されないimg要素』が出力されていました。それでは記述ミスに気付きにくいので、下図のようにエラーを表示するようにしました。
202301141414371-nishishi.png
また、本文中に画像を表示する記法で、[PICT:../../hogehoge/hoge.png] などのように、上位ディレクトリを参照するパスで画像が指定されたときに、ファイルが見つからなければ注釈を含むエラーを表示するよう仕様を改善しました。
➡ 従来は、『画像用ディレクトリにそのファイルはない』というエラーメッセージが表示されていましたので、まるで「相対パスの記述が認識されていない」かのように誤解されそうでしたので、その辺を明確に伝えるように改善しました。
20230114141437-nishishi.png

●デフォルトで読み込むjQueryやLightboxを最新版にバージョンアップ。
もはや古いバージョンを読む必要性がありませんので、それぞれ最新版を読むように変更しました。具体的には、jQueryはVer.3系(jquery-3.6.1.min.js)を、Lightboxは Ver 2.11.3 を読み込むようになります。


▼スキン更新
標準添付の各スキンを更新
標準添付の各スキンを更新しました。ギャラリーモード用スキンも含めて、新仕様に対応するよう書き換えてあります。
主な更新点:
  • head要素にあるRSS Auto-Descovery部分を [[RSS:AUTODISCOVERY]] に更新。
  • 内側スキンの [[PARMAURL]][[PERMAURL]] に修正。
  • 投稿日時の相対時間表示も各スキンに追加。
  • 「最終更新日時」にも経過時間(相対時間)表記を追加。
  • キャプション付きの画像表示に対応。

✅標準添付スキンをそのままお使いの場合は、上書きアップロードして下さい。
✅スキンをかなりカスタマイズして使っている場合や、独自のスキンをお使いの場合は、標準スキンのCSS(tegalog.css)の225行目の『/* ▼埋め込み画像 */』の部分以降のソースをコピー&ペーストするなどしてご活用下さい。

標準スキンに含まれる tegalog.css ファイルの 224~268行目付近:
20230114142549-nishishi.png
※上記の 255~260行目にある .embeddedimage 部分は従来から存在する装飾です。
※上記の 262行目以降は、NSFWフラグが付いた画像の表示用として、画像をぼかす装飾を記述しています。
※標準スキン以外に付属するCSSファイルでは行番号や配色が異なります。

キャプション付き画像ボックスを横に並べたい場合の注意:
figure要素は(何もCSSで装飾しない標準状態では)横方向には並んで表示されません。figure要素を横方向に並べるには、figure要素をinline-block等で表示するようなCSSが必要です。標準添付の各スキンでは、inline-block ではなく inline-table を使って横に並べています(上図参照)。

※inline-tableを使っている理由は、次の2点です。
✅キャプションが長い場合には、画像の横幅を超えることなく自動改行して表示されるようにするため。
✅キャプションの位置を上端にしたい場合や下端にしたい場合に、プロパティの値1つを書き換えるだけで済むようにするため。(caption-sideプロパティの値をbottomにするとキャプションは画像の下に表示されます。topにすると画像の上に表示されます。)標準添付スキンの中では、ギャラリーモードだけは top にしてあります。


#不具合修正
❎「スラッシュで始まる絶対パス」で画像が指定されたとき、画像のURLが正しくなくなって画像が表示されない不具合を解消。
画像保存用ディレクトリ以外に存在している画像を表示したいとき、設定の『画像パスに絶対URL(フルパス)を使う』がONで、画像パスとして「スラッシュで始まる絶対パス」を使って画像が指定されたときに、画像のURLがおかしくなって正しく画像が表示されない不具合を解消しました。

❎「続きを読む」記法が使われている状態で、設定画面から「続きを読む」機能をOFFにすると、Internal Server Errorになる不具合を修正。
あまりこのように操作する人は居ないとは思いますが、
【前提】「続きを読む」記法を本文中に使っている状態で、
【操作】設定画面で「続きを読む」機能をOFFにすると、
Internal Server Error になる可能性のある不具合が(比較的最近のバージョンでだけ)ありました。

しかも、一度この状態になると、設定画面から再度「続きを読む」機能を有効にしようと操作しても、保存時に(保存処理が実行されるより前に)Internal Server Errorになる可能性があり、一度この状態になったらデータファイル tegalog.ini を直接修正しない限り復帰できない可能性があります。古いバージョンをお使いの場合に上記のような操作を試さないようご注意下さい。
この問題を解決しました。

❎「skin=」パラメータでスキンが指定されているとき、投稿本文内のハッシュタグをすべて抜き出す記法 [[COMMENT:TAGS]] が動作しない不具合を解消。
URLの中で、パラメータ(クエリ)の開始を意味する「?」記号と、ハッシュタグを指定するパラメータ「tag=○○○」との間に別のパラメータが存在する場合に限って、何も抽出されない不具合がありました。それを解消しました。

❎ハッシュタグに半角アンダーバー「_」を使うと、既存ハッシュタグ簡単入力用プルダウンメニューでは角括弧付きでリストアップされる不具合を修正。
角括弧が付いていてもハッシュタグとしては機能しますが、英数字だけで構成されるハッシュタグの場合は角括弧は不要なので、付かないよう修正しました。

❎内側スキンで [[CATEGORYLINKS:FULL]] と書いても、カテゴリページへのURLがフルパスでは出力されない不具合を解消。
例えば、「最新の投稿1件を別ページに埋め込んでいる場合」などでは、所属カテゴリへのリンクをフルパスで出力しないとリンク切れになってしまうため、 [[CATEGORYLINKS:FULL]] という記法を用意していました。
……が、この記法を使ってもフルパスでは出力されていない不具合がありましたので修正しました。

❎投稿単独ページのURLを挿入する [[PARMAURL]] キーワードのスペルを [[PERMAURL]] でも認識するよう改善。(※両方使用可能
投稿単独ページのURLが得られる記法(内側スキンで使えます)として、従来の [[PARMAURL]] のほかに [[PERMAURL]] も使えるようにしました(※従来の記述のままでも使用可能です)。古い記述を無効にする予定はありませんので、従来の記述をわざわざ修正する必要はありません。

※PERMAURL は、Permanent URL の略です。PARMAURL は、Permanent And Revolutionary Momonga Accessible URL とかの略です。
嘘です。スペルミスです。○| ̄|_

❎「Unrecognized escape \\v passed through at tegalog.cgi」というアラートがサーバのエラーログに記録される問題を解消。
Perl 5.8.x あたりの比較的古いバージョンのPerlが使われているWebサーバでは、サーバのエラーログにアラートが記録される可能性がありましたので修正しました(記録されていても、てがろぐの動作に問題はありません)。

❎サーバのエラーログに「CGI::param called in list context」のようなアラートが出力されるのを防ぐよう改善。
かなり新しいバージョンのPerlが使えるサーバでは、「CGI::param called in list context from tegalog.cgi line XXXX, this can lead to vulnerabilities.」のようなアラートがサーバのエラーログに記録されることがありました。これを記録されないようにしました。(※もし引き続き記録される場合はご報告頂けますと幸いです。)

❎設定画面のHTMLにいくつか存在していた文法ミスを修正。
設定画面としての動作には問題ないレベルですが、文法的におかしなHTMLになっていた箇所を修正しました。

❎リンクラベルの中に &#35; での # 記号が入っていても正しくラベルとして使えるよう仕様を修正。
[ラベル]URL 記法を使ってテキストリンクを作るとき、ラベルの中に &#35; を記述していると正しくリンクラベルとして使えない不具合を解消しました。
なお、&#35; ではない # 記号そのものが含まれていると、それはハッシュタグとして認識されてしまうためにテキストリンクにはなりませんのでご注意下さい。

❎「続きを読む」機能を入れ子にして使うと、ボタンラベルが正しく出力されないケースがある不具合を修正。
指定範囲を隠せる「続きを読む」機能である [H: ~ ] 記法の中に、さらに [H: ~ ] 記法を含めて2階層以上の隠された範囲を作ると、うまく動作しない不具合を解消しました。何階層にも入れ子にしても大丈夫なように改善しています。


以上、ご活用頂ければ幸いです。

※不具合の修正も含んでおりますので、使いたい追加機能がない場合でもアップグレード頂くことをお勧め致します。(アップグレードしても、ログインし直す必要はありません。ログイン状態は維持されます。)

なお、開発進捗状況報告サイトでフォロー頂くと、てがろぐCGIの最新β版や正式版の公開時にメールで連絡を受け取ることもできますので、ぜひご活用下さい。(╹◡╹)ノ
フォロー数が増えると、私の開発モチベーションが向上するメリットもあります!!!🤩

:16393文字 修正

てがろぐ Ver 3.2.0 を公開しました! #Update

てがろぐ Ver 3.2.0 を公開しました。複合検索窓の出力機能、投稿時の各種ボタンの取捨選択やラベル自由設定、全文検索の仕様強化、ルビ振りやclass指定など装飾記法の強化、投稿一覧画面の仕様強化、カテゴリなし投稿だけの表示機能、状況に応じた見出しのカスタマイズ支援、管理画面内ページネーション追加、画像管理画面の機能追加などの追加が主な更新点です。その他、多数の細かな機能追加や不具合修正を含んでいます。
https://www.nishishi.com/cgi/tegalog/

アップデートするには、tegalog.cgifumycts.pl の2ファイルだけ(※)を上書きアップロードして下さい。
データファイルや設定ファイルは、すべてそのまま引き継げます。(Ver.2以下も含む過去のどのバージョンからでも)

※今回は標準添付スキンのソースも全体的に更新しています。標準添付スキンをそのままお使いの場合は、それらも上書きアップロードすると複合検索機能が使えます。スキンは更新しなくても動作に支障はありません。

🆕 Ver 3.2.0の更新点(概要):
複合検索窓の出力機能を追加
投稿欄の「装飾」ボタンで現れる各ボタンのラベルを変更できる機能を追加
投稿欄の「リンク」ボタンで表示される5つのボタンの取捨選択機能を追加
管理画面の「投稿の削除/編集」リストで、任意の検索語で絞り込める機能を追加
「カテゴリなし」の投稿だけを一括閲覧できる機能を追加
ルビを振る装飾記法を追加
全文検索でカテゴリIDもヒットできる仕様を追加
画像管理画面や投稿一覧画面にもページ番号リンクを表示する仕様を追加
画像管理画面に「その画像を使用している投稿」を探して一括閲覧できる機能を追加
「その投稿に含まれている画像の個数」を得られる記法 [[PICTCOUNT]] を追加
ページ番号リンクで「ページ番号とページ番号の間に挿入する記号」の設定機能を追加
「状況に応じた見出し」に表示される「該当件数やページ番号」のカスタマイズ機能を追加
class名を自由に指定できる装飾記法を追加
状況に応じてページデザインを切り替える用途に活用可能な記法を追加
カテゴリ名そのものもカテゴリ別に装飾可能にする仕様を追加
「そのとき限定されている表示内容」に限定したRSSフィードへのリンクが出力される仕様を追加
●事前に範囲選択していなくても文字装飾記法を挿入できるようにするオプションを追加
●パスワードを間違えた際に、直前に選択されていたユーザIDを覚えておく仕様に改良
●管理画面の「投稿の削除/編集」リストに「所属カテゴリID」も表示される仕様を追加
●「続きを読む」ボタンによって隠された範囲を表示する際に、隠されていた対象要素を inline, inline-block. block のどれで表示するかを指定できるようにする機能を追加
●カッコの対応が取れているなら、装飾範囲内に角括弧をそのまま書いても大丈夫な仕様に改良
●本文中に \[ 、 \] 、 \: と書けば、それら3種の記号が数値文字参照に置き換わる記述仕様を追加
●「指定No.リンク」ボタンでの投稿番号入力時に、余分な空白があっても自動で取り除く仕様を追加
●「状況に応じた見出し」に出力される『表示限定名称』にclassを付加するマークアップを追加
●サーバの時刻からずらす時間調整を0.5時間単位で設定できるよう改善
●YouTubeの埋め込み処理に、遅延読込用の「loading="lazy"」属性を追加する仕様に改良
標準添付の各種スキンを更新
エラー「CGIの設置ドメインとは異なる場所からデータが送信されました」発生の可能性を低減
エクスポート画面の「投稿日付」欄に日付がリストアップされない不具合を解決
記法 [[INFO:LASTUPDATE]] で挿入できる最終更新日時が、ずらす時間設定を考慮していない不具合を修正
管理画面の「投稿の削除/編集」リストでの冒頭抜粋部分に特殊記法がそのまま出てしまう問題を解消
内側スキンに [[COMMENT:TAGS]] の記述があるとき、「続きを読む」機能が使われている投稿を表示すると表示が崩れる可能性がある不具合を修正


▼今回の大きな機能追加:
🌸複合検索窓の出力機能を追加
任意の検索語に加えて、投稿者(ユーザ)名・投稿年月・ハッシュタグ・カテゴリの各条件を同時に指定して検索できる「複合検索窓」を出力できる機能を追加しました。
▼見え方:
複合検索窓は、下図の右側のように見えます。(下図は標準スキンでの見え方です。実際の表示はスキンや設定次第で変わります。)
202103082114421-nishishi.png

▼書き方:
従来の(検索語を指定するだけの)検索窓は、外側スキンに [[SEARCHBOX]] と書くと挿入されました。複合検索窓は [[SEARCHBOX:COMPLEX]] と書くことで挿入できます。
上図では(標準添付スキンでは)『複合検索窓に切り替える』リンクを押すと「従来の検索窓」と「複合検索窓」が切り替わるようになっていますが、これはスキンHTMLの中にJavaScriptで直接そのような処理を書いているだけです。もし最初から複合検索窓の方を表示しておきたいなら、スキンに [[SEARCHBOX:COMPLEX]] だけを書いておけば良いでしょう。もちろん、この複合検索機能が不要なら、スキンに書かなければ良いだけです。

▼オプション:
なお、[[SEARCHBOX:COMPLEX]] とだけ書くと全オプションがプルダウンメニューとして列挙されますが、 [[SEARCHBOX:COMPLEX:識別子]] の記述方法を使うことで、表示するオプションを取捨選択したり順序を指定したりできます。例えば1人で使っているなら「投稿者」の選択肢は不要でしょうから非表示にすると良いでしょう。
識別子は、 U=投稿者、D=投稿年月、H=ハッシュタグ、C=カテゴリ、O=出力順序 の5種類がありますので、例えば [[SEARCHBOX:COMPLEX:CDH]] のように、識別子として「CDH」を指定すると、(C)カテゴリ→(D)投稿年月→(H)ハッシュタグの順にプルダウンメニューが表示され、投稿者(U)と出力順序(O)は非表示になります。

▼設定:
項目名(オプションのラベル)をカスタマイズしたい場合は、管理画面の[設定]から下図のように指定できます。
20210308211442-nishishi.png
プルダウンメニューを見れば項目は明らかですから、ラベルはなしにしても良いかもしれません。もしくは、絵文字だけにして省スペース化を図っても良いかもしれません。その辺は個人の好みによって様々でしょうから、上記のカスタマイズ機能を使って自由にして頂ければ良いでしょう。

🌸投稿欄の「装飾」ボタンで現れる各ボタンのラベルを変更できる機能を追加
装飾ボタン13種類の表面に表示される「強」・「B」・「I」・「U」……等の文字(=ボタンラベル)を自由に変更できる機能を加えました。
▼設定箇所:
これまでのバージョンでは、装飾ボタンのラベルは「強」・「B」・「色」などに固定されていましたが、ここの文字列を自由に変更できるようにしました。例えば「強調」は「文字サイズを大きくする機能として使いたい」という場合には、ボタンのラベルを「強」ではなく「大」に変更すると、より分かりやすく使えるでしょう。
202103091812041-nishishi.png
※上図の緑色矢印の部分にある「自由装飾」は今回追加した新機能です。これについては後述します。

🌸投稿欄の「リンク」ボタンで表示される5つのボタンの取捨選択機能を追加
編集領域の下に表示される「リンク」系統の5つボタン「任意URLリンク」・「指定No.リンク」・「画像埋込リンク」・「ツイート埋込」・「YouTube埋込」の取捨選択と、ボタンラベルの変更ができるようになりました。
▼実装背景・設定箇所:
各種リンクを作る記法を挿入するための「リンク」ボタンが5つありますが、利用形態によっては「ツイートを埋め込むことはない」や「YouTube動画を埋め込むことはない」といったように、不要なボタンもあるでしょう。そこで、表示するボタンの取捨選択ができるようにしました。
20210309181204-nishishi.png
また、ボタンのデフォルトのラベルがそこそこ長いので、ボタンのラベルも自由に変更できるようにもしました。既に機能の詳細が分かりきっている場合には、もっとラベルを短くして「URL」・「No.」・「画像」・「Tweet」・「動画」などのようにすると、専有面積が少なくて済むでしょう。

🌸管理画面の「投稿の削除/編集」リストで、任意の検索語で絞り込める機能を追加
管理画面の「投稿の削除/編集」で表示される投稿リスト表でも、任意の検索語で絞り込み表示ができるようになりました。
▼表示例:
何らかのキーワードに関連する投稿を一括して再編集したり削除したりしたい場合に役立ちそうです。任意の検索語で絞り込んでいる際は、下図黄色矢印のように絞り込み中の表示と、下図青色矢印のように該当件数が表示されます。
202103091550461-nishishi.png
検索語には、投稿本文内にある文字のほか、カテゴリIDやユーザIDや投稿日時も検索対象になっています。なので、「特定のカテゴリに属する投稿のうち、指定の文字列を含む投稿」などのような複合検索による絞り込みも可能です。
20210309155046-nishishi.png
※投稿日時で絞り込む場合は、年だけ「2021」、年月「2021/01」、年月日「2021/01/05」のような書式(=一覧表の「投稿日時」欄に見えている日付書式)で検索語を入力する必要があります。

🌸「カテゴリなし」の投稿だけを一括閲覧できる機能を追加
どのカテゴリにも属していない投稿だけに限定した表示ができるようになりました。パラメータとして、カテゴリIDにハイフン1文字「-」を加えて「?cat=-」のように指定すると、下図のように「カテゴリなし」の投稿だけが表示されます。
▼表示例:
20210309154701-nishishi.png
また、カテゴリツリーの表示にも「なし」という項目を加えるかどうかを設定できるようにしました。標準では非表示です。(「なし」という名称も自由に変更できます。)
202103091545041-nishishi.png
なお、カテゴリツリーに「なし」項目を加えない場合でも、パラメータ「?cat=-」を自力で付加するなり、そういうリンクをあらかじめ作っておくなりすれば、カテゴリなしに限定した表示は可能です。

▼備考:
どのカテゴリにも属していない投稿に対して、「カテゴリなし」を表す文字列を出力する設定にしてある場合は、その文字列が「カテゴリなしの一覧を見るためのURL」へのリンクとして出力されます。
※どのカテゴリにも属していない場合に「カテゴリなし」を表す文字列を出力するかどうかは、管理画面の[設定]→[ページ設定]→【カテゴリの表示】→「カテゴリ名として表示する内容」項目で設定できます。(デフォルトでは「何も表示しない」になっているため、リンクも出力されません。)

🌸ルビを振る装飾記法を追加
本文中に [R:漢字:かんじ] のように書くと「漢字」の上にルビで「かんじ」が載る記法を加えました。装飾ボタンのクリックでも挿入できます。
▼表示例:
HTMLのruby要素等を使ってマークアップされ、例えば下図のように描画されます。
20210309154504-nishishi.png
ルビに対する文字装飾も有効なので、文字色を変化させたり色を付けたりもできます。ルビだけに色を付けることも、本体だけに色を付けることもできます。創作系サイト等でご活用頂けるかもしれません。

▼入力方法:
自力で本文中に [R:漢字:かんじ] のように書くこともできますし、対象の漢字部分を範囲選択した上で「装飾」ボタン→「ル」ボタンを押してルビを入力すると、この記法に整形して挿入されます。(このボタンを表示するかどうかは管理画面の「設定」→「投稿欄の表示」→【装飾ボタンの表示設定】で選択できます。また、ボタンのラベル「ル」もそこから変更できます。)


▼今回のその他の機能追加:
🌺全文検索でカテゴリIDもヒットできる仕様を追加
全文検索では、検索語にカテゴリIDも使えるようになりました。そのため、複数カテゴリでの絞り込み検索が可能になります。
例えば、検索語に「info memo」と入力して検索すると、『カテゴリ info と memo の両方に同時に属している投稿』のみを表示できます。
※カテゴリ名ではなくカテゴリIDだけが使えますので注意して下さい。
※カテゴリIDと全く同じ文字列が投稿本文に含まれている場合は、それもヒットします。カテゴリIDの大文字・小文字は区別しません。

🌺画像管理画面や投稿一覧画面にもページ番号リンクを表示する仕様を追加
画像管理画面や投稿一覧画面にもページネーション(ページ番号リンク)を表示するようになり、過去の投稿や画像を探しやすくなりました。ページの途中を省略するかどうかは、設定で選択できます。(標準では13ページ以上ある場合には途中が省略されます。)
※下図は投稿一覧画面での表示例です。管理画面内に表示される一覧画面に、このようなページネーションを表示するようにしました。(デフォルトでは、下図左上のように途中の番号が省略される設定です。)
202103091501204-nishishi.png
ページ番号の途中を省略するかどうかの設定場所は、管理画面の[設定]→[システム設定]→【管理画面内の表示】→[管理画面内のUI]です。下図の黄色矢印部分のように設定できます。
 202103091501203-nishishi.png

🌺画像管理画面に「その画像を使用している投稿」を探して一括閲覧できる機能を追加
画像が実際に使われている投稿だけを見るボタンを画像管理画面に追加しました。ある画像が複数の投稿で使われているなら、その複数の投稿すべてを一括閲覧できます。
▼表示例:
202103091501202-nishishi.png
上図の黄色矢印部分のように表示されます。「投稿を見る」ボタンでは、その画像が使われている投稿に限って(複数あれば全部が)表示されます。「一覧で見る」ボタンでは、その画像が使われている投稿を(管理画面上の)投稿一覧画面で見られます。まだ1度も使われていない画像でも、ボタン自体は無条件で表示されます。

🌺「その投稿に含まれている画像の個数」を得られる記法 [[PICTCOUNT]] を追加
内側スキンの中に [[PICTCOUNT]] と記述すると、「その投稿に含まれている画像の個数」が数値で挿入されます。
▼使用例:
標準添付のギャラリーモード用スキンでも下図のように使用してあります。(※Ver 3.2.0 のZIPに含まれている新しい「ギャラリーモード用スキン」の場合)
20210309152129-nishishi.png
上図の緑色矢印の先に、その投稿に含まれている画像の個数が表示されています。キーワード [[PICTCOUNT]] で挿入されるのはあくまでも数字だけなので、前後の文字はスキンに直接記述する必要があります。

▼仕様:
※ギャラリーモード以外でも使用可能です。内側スキンならどこでも使えます。
※半角数値で画像枚数が挿入されます。画像がなければ「0」が挿入されます。
※[PICT:画像ファイル名]記法の個数をカウントしているだけなので、本当に画像ファイルが存在しているかどうかはチェックしていません。また、外部画像を埋め込んでいる分(=[IMG]URL記法で表示している場合)はカウントされません。

🌺ページ番号リンクで「ページ番号とページ番号の間に挿入する記号」の設定機能を追加
ページ番号リンクを掲載する際に、ページ番号とページ番号の間に区切り記号を入れたいケースもあるようでしたので、その設定項目を増やしました。
▼設定:
20210309160325-nishishi.png
▼補足:
従来でも「ページ番号の左側」や「ページ番号の右側」に何らかの記号を追加することはできたのですが、これらはあくまでもページ番号を (1)・(2)・(3)……などのようにカッコでくくったり、何らかのマークアップを加える用途を想定した設定項目でした。この設定項目を流用してページ番号の区切りにしようと思うと、どうしても先頭(または末尾)に1つだけ余分な記号が出てしまいます。なので、「ページ番号とページ番号との間」にだけ挿入される記号を別途設定できる項目を追加しました。(上図の緑色矢印の先)

🌺「状況に応じた見出し」に表示される「該当件数やページ番号」のカスタマイズ機能を追加
例えば、カテゴリ別表示時や、ハッシュタグ別表示時、何らかの検索結果などのように表示対象が限定されている状況では、『状況に応じた見出し』として該当件数が常に表示される仕様になっていました。また、それらの2ページ目以降ではページ番号も表示されます。その結果、『カテゴリ「情報」に属する投稿[53件](3ページ目)』のような感じで表示される仕様でした。この辺の表記をどうするかを少しカスタマイズできるように、下図のような設定項目を増やしました。
▼設定:
202103091603251-nishishi.png
上図の緑色矢印が増やした設定項目です。
「該当件数を表示するかどうか」・「ページ番号を表示するかどうか」だけでなく、どのように件数やページ番号を表示するのかも設定できます。日本語ではなく英語で表記したいとか、件数は表示したいがカッコで囲みたくはないとか、そういうカスタマイズも可能になるでしょう。

また、これまでは「何の表示条件も限定されていない場合」には、2ページ目以降を表示していても「状況に応じた見出し」には何も出力されない仕様でしたが、ページ番号を表示できるように設定もできるようにしました。デフォルトではOFFにしてありますが、スキンによっては「いま何ページ目を表示しているのか」を強調しないと分かりにくい場合もありそうでしたので加えました。

なお、ここでの設定は、スキン内に [[SITUATION:~]] というキーワードを書いた場所に挿入されます。標準添付スキンではページタイトル(HTMLのtitle要素)にも使われていますから、この設定を変更すると、同時にページタイトルのカスタマイズにもなります。

🌺class名を自由に指定できる装飾記法を追加
本文中に直接class名を指定してマークアップできる装飾記法を追加しました。
▼記述方法と出力例:
例えば、以下のⒶように記述すると、Ⓑのように出力されます。

Ⓐ自由装飾記法: [F:sakura:あいうえお]
Ⓑ出力されるHTML: <span class="deco-sakura">あいうえお</span>

「あいうえお」という文字列が、「deco-sakura」というclass名でマークアップされます。(使われるclass名は「sakura」ではなく「deco-sakura」になる点にご注意下さい。)

▼実装背景:
これまでの文字装飾は、専用記法を使って [B:この範囲が太字になります] のように書く仕様でしたから、てがろぐ側に用意されている装飾しか使えませんでした。しかし、これだと「強調」~「背景色」まで10種類の装飾しか使えないので自由度はあまりありませんから、細かな装飾を使い分けたい場合には困ります。そこで、自由にclass名を付加できる記法を加えました。

投稿時に自由なclass名を指定できるので、望みの装飾をCSS側に用意しておけば、装飾の数に制限なくいくらでも装飾可能です。事前に自力でCSSを書いておく必要がありますが、デフォルトの10種類を超えて細かく装飾したいと思う方々はCSSくらいは書けるでしょう、という前提で居ます。(^_^;)
※装飾種類の識別記号が「F」なのは、「Free」の意味です。

▼制約:
なお、投稿者が完全に自由なclass名を書けてしまうと、ページの表示が崩れるようなclass名が使われてしまったときに困りますので、それを避けるために実際に出力されるclass名には、必ず「deco-」という接頭辞が付く仕様にしてあります。

つまり、投稿時に「tomoyo」というclass名を指定したら、実際には「deco-tomoyo」というclass名としてspan要素に出力されるということです。この方法なら、既存のページ構造に使われているようなclass名を誤って(もしくは悪戯で)指定してしまうことを防げます。(※偶然、deco-XXXというclass名を使ってページを作っていた場合だけは例外ですが。^^;)

▼標準添付スキンでのサンプル:
標準添付スキンのCSSには、自由装飾の記述例として以下の3つを加えてあります。
Ⓐ [F:scream:あいうえお] ➡ 大きな文字で表示
Ⓑ [F:code:かきくけこ] ➡ 等幅フォントで表示(ソース等の掲載用)
Ⓒ [F:separator:さしすせそ] ➡ 区切り用の薄い横線を引く

▼補足:
この自由装飾機能もボタンクリックで挿入可能ですが、そのボタンはデフォルト設定では非表示になっています(CSSを自力で事前に書いておかない限り意味のない機能だからです)。使う場合には、管理画面の「設定」→「投稿欄の表示」→【装飾ボタンの表示設定】で、表示する設定に変えて下さい。なお、ボタンを表示しない場合でも、自力で記述すれば使えます。

🌺状況に応じてページデザインを切り替える用途に活用可能な記法を追加
「単独投稿が表示されている場合」や「表示対象が特定のカテゴリに限定されている場合」などのように、『そのとき表示されている状況』に応じて装飾を分けたい場合のために、外側スキンHTMLのbody要素を <body class="[[SITUATION:CLASS]]"> のように書ける機能を用意しました。
▼仕様:
例えば、HTMLを class="[[SITUATION:CLASS]]" のように記述しておくと、状況に応じて class="home nofiltering hit toppage" のように出力されます。

※body要素に使って <body class="[[SITUATION:CLASS]]"> のように書いておけば、HTMLとしては <body class="home nofiltering hit toppage"> のように出力されますから、CSSで(ページの状況に応じた)独自の装飾に使いやすいでしょう。

🌸HOMEページに居る場合: home
🌸何も表示が限定されていない状況: nofiltering
🌸ユーザ名限定の表示時: selected-user user-ユーザID
🌸カテゴリ限定の表示時: selected-cat cat-カテゴリID
🌸ハッシュタグ限定の表示時: selected-tag tag-ハッシュタグ名(※パーセントエンコーディング形式)
🌸日付限定表示時: selected-date date-日付
🌸検索表示時: search-result
🌸投稿単独表示時: onelog log-投稿番号
🌸表示データが1件以上ある場合: hit
🌸表示データが1件もない場合: nohit
🌸1ページ目が表示されている場合: toppage (※全1ページの場合でも出力されます。投稿単独表示時には出力されません。)
🌸2ページ目以降が表示されている場合: deeppage (※2ページ目以降なら何ページ目でも全部これ。)
🌸逆順に表示している場合: reversed

これらのサインが(状況によっては複数個)出力されます。

例えば、
🍅HOMEページ(1件以上の投稿がある場合)なら:home nofiltering hit toppage
🍅カテゴリ「info」の1ページ目なら: selected-cat cat-info hit toppage
🍅ユーザ「admin」の2ページ目なら: selected-user user-admin hit deeppage
🍅ハッシュタグ「メモ」の1ページ目なら: selected-tag tag-%e3%83%a1%e3%83%a2 hit toppage
🍅検索結果で1件もヒットしなかった場合: search-result nohit
🍅何も表示を限定していない状況の2ページ目: nofiltering hit deeppage
🍅投稿No.400の単独表示時(その投稿が存在する場合): onelog log-400 hit
🍅投稿No.500の単独表示時(その投稿が存在しない場合): onelog log-500 nohit

※「HOMEページ」は同時に「1ページ目」でもあり「何も表示条件が限定されていない状況」でもありますから、 home は常に toppage と nofiltering も同時に出力されます。

この機能があると、例えばCSSを「 .onelog { ~装飾~ } 」のように書けば、投稿単独表示時のみに適用される装飾を用意できます。さらに、ある特定の投稿だけに特別な装飾を施したければ、「 .log-123 { ~装飾~ } 」などのようにも書けます。

カテゴリ限定表示時に限った装飾は「 .selected-cat { ~装飾~ } 」で書けますし、カテゴリのうち「infoカテゴリ」に限定した装飾を作りたければ「 .cat-info { ~装飾~ } 」と書けば良いことになります。

🌺カテゴリ名をカテゴリ別に装飾可能にする仕様を追加
各投稿に付加される所属カテゴリリンクも、カテゴリ別に装飾できるように仕様を拡張しました。
▼記述方法:
内側スキンには、[[CATEGORYLINKS]] や [[CATEGORYNAMES]] のキーワードを使って、各投稿が属するカテゴリへのリンクやカテゴリ名を表示できます。

このとき、カテゴリ名を出力する際のマークアップは、カテゴリに関係なく単に <span class="categoryname">カテゴリ名</span> や <a class="categorylink" ~>カテゴリ名</a> などのようになっていたのですが、これだとカテゴリ別に色を分けるような装飾ができません。

そこで、カテゴリIDそのものもclass属性値に加えるようにしました。
これによって、例えばカテゴリ別にカテゴリリンクの配色を指定する等の装飾ができるようになります。

例えば、従来なら、カテゴリ「リンゴ」と、カテゴリ「みかん」の2つに属している投稿は、 <span class="categoryname">リンゴ</span>,<span class="categoryname">みかん</span> などのようにマークアップされていました。(※カテゴリをリンクにして出力する場合と、リンクにせず出力する場合とで、class名は異なります。詳しい仕様は、カスタマイズ解説ページの「各投稿に表示されるカテゴリ名の装飾方法」をご覧下さい。)

これを、<span class="categoryname cat-apple">リンゴ</span> や <span class="categoryname cat-orange">みかん</span> のように、カテゴリID(の頭にcat-を加えた文字列)もclass属性値に加わるようにしました。
カテゴリIDに応じたCSSを事前に書いておけば、カテゴリ名のリンク自体をカテゴリ別に分けることもできるでしょう。

🌺「そのとき限定されている表示内容」に限定したRSSフィードへのリンクが出力される仕様を追加
状況に合致したRSSフィードを指すURLが得られる記述方法と、常に全投稿を対象にしたRSSフィードを指すURLが得られる記述方法とを別々に用意しました。
▼背景:
てがろぐCGIには、RSSフィードを出力する機能があります。
そのRSSフィードは、「全投稿を対象にしたRSS」だけでなく、特定のカテゴリに限定したRSS、特定の日付に限定したRSSなど、表示時に使えるすべての限定条件を使って絞り込んで出力できます。

しかし、これまでは [[RSS:URL]] のキーワードで挿入される「RSSフィードへのURL」は、常に「全投稿を対象にしたRSSフィード」に固定されていました。

とはいえ、例えば特定のカテゴリに限定した表示を見ている際のRSSボタンは、「そのカテゴリに限定されたRSSフィードが得られるRSS」になっている方が便利な場合もあるでしょう。

▼記述方法と出力:
そこで、そのようなRSSフィードへのURLも出力できるよう、下記のようにキーワードの仕様を拡張しました。

Ⓐ [[RSS:URL]] ←状況に合致したRSSフィードのURLを挿入
Ⓐ [[RSS:URL:FULL]] ←状況に合致したRSSフィードのURLを絶対URIで挿入
Ⓑ [[RSS:URL:PURE]] ←常に投稿全体を含んだRSSフィードのURLを挿入
Ⓑ [[RSS:URL:PURE:FULL]] ←常に投稿全体を含んだRSSフィードのURLを絶対URIで挿入

上記のうち、Ⓐは従来からある記法ですが、出力内容が変わります。
Ⓑは新規に追加した記法で、従来のバージョンでのⒶの記法で得られる内容を出力します。

なお、パラメータ mode=rss で出力されるRSSフィードそのものの内容に変更はありませんのでご安心下さい。
RSSフィードを読み取って何らかの処理を加えているようなカスタマイズをなさっている場合、それらには何ら影響しません。あくまでも「スキンに埋め込む『RSSフィードへのURL』」にバリエーションが増えただけのことです。

上記の仕様によって、例えばスキン内に [[RSS:URL]] の記述を使ってRSS Auto-Discoveryの記述がある場合は、
✅HOMEを表示しているときにブラウザのRSSボタンを押すと、全投稿を対象にしたRSSフィードが得られるが、
✅カテゴリupdatesに限定したページを表示しているときにブラウザのRSSボタンを押すと、そのカテゴリに限定した内容だけを収録したRSSフィードが得られる。(限定条件はカテゴリ以外でも有効。)
……のように動作します。


▼その他の細かな機能改善:
●事前に範囲選択していなくても文字装飾記法を挿入できるようにするオプションを追加。
※文字装飾系のボタンでは、範囲選択していない状態でボタンを押すと「先に装飾対象を範囲選択して下さい」というダイアログが表示されるのがデフォルトの動作です。しかし、モバイル端末で投稿する際などのように、事前に範囲選択する操作が面倒な場合もあります。この機能をONにすると、範囲選択していなくても専用記法がカーソル位置に挿入されるようになるため、モバイル端末で使いやすくなります。
202103091501201-nishishi.png
※この機能をONにした場合、何も範囲選択されていない場合には、挿入される記法に対して適切に(文法通りに)文字を追加しないと、装飾として機能しない点に注意して下さい。

●パスワードを間違えた際に、直前に選択されていたユーザIDを覚えておく仕様に改良。
※ログイン画面でパスワードを間違えた場合には再入力画面が表示されますが、その際、これまでは「ユーザIDの選択状態」が解除されてしまって、プルダウンメニューの最上位のIDが表示されてしまう仕様でした。これを改善し、直前に選択していたユーザIDを維持する仕様にしました。(※自らログアウトした後に表示されるログイン画面では維持されません。)

●管理画面の「投稿の削除/編集」リストに「所属カテゴリID」も表示される仕様を追加
管理画面の投稿一覧表にカテゴリIDも表示するようになりました(下図緑色矢印の先)。そうすることで表が少々横長になりますので、マウスを載せた行を緑色でハイライトする装飾も加えました(下図黄色矢印の先に見える緑色帯の部分)。
20210309160854-nishishi.png
※カテゴリ名ではなくカテゴリIDが表示される仕様なのは、てがろぐCGIでは「カテゴリを削除するとカテゴリ名は表示できなくなるものの、各投稿に設定されたカテゴリIDまで消えるわけではない」仕様だからです。(そのため、削除したカテゴリIDと同じIDで新規にカテゴリを追加すると、カテゴリの所属は復活します。) ユーザ名ではなくユーザIDが表示されているのも同じ理由からです。

●「続きを読む」ボタンによって隠された範囲を表示する際に、隠されていた対象要素を inline, inline-block. block のどれで表示するかを指定できるようにする機能を追加。
※ 隠された範囲が「続きを読む」ボタンによって表示される際に、その隠されていた領域(=動的に表示されるブロック)をどのように表示したいかを、「inline」・「inline-block」・「block」の3つから選べるようにしました。
設定箇所は、管理画面の[設定]→[ページの表示]→【投稿本文の表示/テキスト】→「展開する範囲の表示方法」です。下図のように3通りから選んで設定できます。(デフォルトは従来通り inline です。)
202103091521291-nishishi.png
隠されている範囲だけに特別な装飾(CSS)を施したい場合には、必要に応じて設定を変更して下さい。

●カッコの対応が取れているなら、装飾範囲内に角括弧をそのまま書いても大丈夫な仕様に改良。
これまでのバージョンでは、装飾記法の内側に角括弧を1つでも書くと、装飾全体が無効になってしまう仕様でした。この点をやや改善して、装飾記法の内側に角括弧 [] を書いても(ほぼ)大丈夫な仕様にしました。

具体的には、角括弧の「開き」と「閉じ」の個数が1対1で正しく対応している限りは問題なく記述できます。
例えば、 [B:この範囲が[太字]になります。] のような記述なら問題なく装飾されます。もちろん入れ子にしても大丈夫なので [B:この[U:範囲が[太字[&]下線]になり]ます。] のような記述でも大丈夫です。これらの場合は、装飾範囲に含まれる角括弧の開き「 [ 」と閉じ「 ] 」の個数が一致しているからです。

※開き角括弧と閉じ角括弧の対応がおかしい場合には、おかしい位置で装飾が終わる可能性があります。特に閉じ角括弧「 ] 」だけを含めると、そこが装飾の終了位置を示す記号だと解釈されてしまいます。(とはいえ、角括弧の「開く方だけ」や「閉じる方だけ」を単独で装飾したいケースというのはそれほどなさそうですから、あまり問題にはならないと考えています。)

●本文中に \[ 、 \] 、 \: と書けば、それら3種の記号が数値文字参照に置き換わる記述仕様を追加
角括弧を角括弧としてそのまま表示したい際は、従来は &#91;&#93; のような数値文字参照の書き方を使うしかありませんでした。しかし、それだとあまりにも面倒なので、プログラミング言語でよくある「\」記号を使ったエスケープ記法が使える仕様も加えました。

具体的には、
●「 \[ 」と書くと [ 記号として表示されます。
●「 \] 」と書くと ] 記号として表示されます。
●「 \: 」と書くと : 記号として表示されます。(※注)
これらの記法を使う限りは、は、いくらでも装飾範囲内に含めて問題ありません。

※コロン記号「:」は、装飾の対象範囲外に書く場合は、そのまま「:」だけを書いて問題ありません。装飾の範囲内に書く場合は、色指定やオプション指定記法だと解釈されるのを防ぐために、「\:」のように書く方が無難です。

●「指定No.リンク」ボタンでの投稿番号入力時に、余分な空白があっても自動で取り除く仕様を追加
編集領域の下にある「リンク」ボタン→「指定No.リンク」ボタンを押して、望みの投稿番号を入力する際、番号の前後に誤って空白文字が入ってしまうことがあります。従来のバージョンでは、余分な空白もそのまま挿入されてしまっていましたが、それだと投稿しても正しいリンクになりません。そこで、数値の前後に含まれる空白文字は自動で除外するようにしました。

●「状況に応じた見出し」に出力される『表示限定名称』にclassを付加するマークアップを追加
※外側スキンにキーワード [[SITUATION:HTML]] を書いた場合のみ、そのときに限定されている表示対象を下記のclass名を使ってspan要素でマークアップした状態で出力します。文字を装飾する用途のほか、JavaScriptのgetElementsByClassNameで値を取得することで、状況に応じたメッセージを自前で1から組み立てる用途にも使えそうな気がします。
●日付限定時の日付: class="situation-date"
●全文検索時の検索語: class="situation-search"
●ハッシュタグ限定時のハッシュタグ名: class="situation-tagname"
●カテゴリ限定時のカテゴリ名: class="situation-catname"
●投稿者限定時のユーザ名: class="situation-username"
●単独表示時の投稿No.: class="situation-postno"
●2ページ目以降のページ番号: class="situation-page"
●該当件数の数値: class="situation-hits"
※同種のキーワードでも、[[SITUATION:TITLE]] や [[SITUATION]] では上記のようなマークアップは加わりません。

●サーバの時刻からずらす時間調整を0.5時間単位で設定できるよう改善。
※サーバの時刻から1時間単位ではなく30分単位で時刻設定をずらせる仕様にしました。GMT+9:30のように、標準時が半時間ずれているような地域でご使用の場合にも現地時刻に対応できるようになりました。
20210309150120-nishishi.png

●YouTubeの埋め込み処理に、遅延読込用の「loading="lazy"」属性を追加する仕様に改良。
※YouTubeを埋め込むためのiframeに、遅延読み込み用の属性を付加する仕様にしました。これによって(iframeの遅延読み込みが可能なブラウザでは)YouTubeの埋め込み位置にスクロールされるまで動画が読み込まれることはなくなるため、ページの表示速度向上に繋がります。
※この設定をOFFにする機能はありません。
※この機能が有効になるのは、現時点では「Chrome」や「Edge」や「Opera」などのようなChromiumベースのブラウザのみです。


▼今回の標準添付スキンの改良:
🌷標準添付スキン10種類を更新しました。 #スキン
※完全版パッケージに付属している標準添付スキンを更新しました。一般用途のスキンには複合検索窓を掲載したり、ギャラリーモード用スキンには [[PICTCOUNT]] を加えて画像数を掲載したりしています。標準添付スキンをそのままお使いの場合は、上書きアップロードして下さい。


#不具合修正
❎エラー「CGIの設置ドメインとは異なる場所からデータが送信されました」発生の可能性を低減
※サーバ側のhttpsの仕様によっては、httpsとhttpが異なるだけで「CGIの設置ドメインとは異なる場所からデータが送信されました。リクエストは受け付けられませんでした」のエラーが表示されてしまう不具合を修正しました。

❎エクスポート画面の「投稿日付」欄に日付がリストアップされない不具合を解決
※Ver 3.1.0で追加した機能の副作用によって、エクスポート画面(=「条件を指定して出力」画面)の「エクスポート対象の抽出条件」区画にある「投稿日付」欄で、日付がリストアップされなくなってしまっていた不具合を解決しました。

❎記法 [[INFO:LASTUPDATE]] で挿入できる最終更新日時が、ずらす時間設定を考慮していない不具合を修正
※管理画面の「設定」→「システム設定」→「時刻設定」で設定された「ずらす時間」が、最終更新日時の表示部分には反映されていなかった不具合を修正しました。

❎管理画面の「投稿の削除/編集」リストでの冒頭抜粋部分に特殊記法がそのまま出てしまう問題を解消
※投稿一覧表では、本文の冒頭最大18文字が抜粋して表示されていましたが、従来では装飾記法がそのまま表示されてしまっていて、本文の内容が分かりにくい場合もありました。そこで、装飾記法は除外して抜粋表示される仕様にしました。そのほか、リンクラベル付きのリンクがある場合にはラベルだけを抜粋したり、動画やツイートの埋め込みではURLを出さずに「(動画)」や「(ツイート)」等の表示に留めることで、本文の中身が抜粋されやすいように仕様変更してあります。

❎内側スキンに [[COMMENT:TAGS]] の記述があるとき、「続きを読む」機能が使われている投稿を表示すると表示が崩れる可能性がある不具合を修正
※ハッシュタグだけでなく、前後の文章まで一緒に抜き出されてしまう不具合を解消しました。


以上、ご活用頂ければ幸いです。

※不具合の修正も含んでおりますので、使いたい追加機能がない場合でもアップグレード頂くことをお勧め致します。(アップグレードしても、ログインし直す必要はありません。ログイン状態は維持されます。)

:17171文字 修正

DASHBOARD

■リリースノート内を検索:

■最近の投稿:

■その他のご案内:

▼現在の公開バージョン:

正式版:Ver 4.3.0
β版は適宜。)

▼ご質問やご要望がある場合:

ご質問やご要望がある場合は、動作テスト用てがろぐもご利用下さい。事実上のサポート掲示板にもなっておりますので。(^_^;)

編集

■日付検索:

▼現在の表示条件での投稿総数:

18件

このリリースノートも、てがろぐCGIを使って生成しています。
てがろぐCGIでページの生成に使用しているスキンファイルの実体は普通のHTMLファイルですから、一般のウェブページと同様の手順で自由に書き換えられます。

Powered by てがろぐ Ver 4.3.0.

--- 当サイト内を検索 ---