にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

てがろぐ リリースノート

お手軽マイクロブログCGI「てがろぐ」のアップデート案内です。新機能や更新した仕様、新しいスキンなどを案内しています。
更新点だけではなく全体の機能説明をお読みになりたい場合や、CGIそのものをダウンロードしたい場合は、てがろぐ配布ページへお越し下さい。
セットアップやバージョンアップの前に最新版の使い心地を試したい場合は、動作テスト用てがろぐをご使用下さい。
次期バージョンの開発進捗状況をチェックしたい場合は、開発進捗報告ページをご覧下さい。

《最終更新: 2021年09月23日 木曜日 14時22分 》 RSSフィード

タグ「日時」を含む投稿[2件]

てがろぐ Ver 2.1.0 を公開しました! #Update

てがろぐ Ver 2.1.0 を公開しました。RSSフィード出力機能、投稿本文の特定行のみを抽出表示する機能、ランダム表示機能、画像サイズ無制限設定の追加が最大の更新点です。
https://www.nishishi.com/cgi/tegalog/

アップデートするには、tegalog.cgifumycts.pl の2ファイルだけを上書きアップロードして下さい。
データファイルや設定ファイルは、すべてそのまま引き継げます。

🆕 Ver 2.1.0の更新点(概要):
RSSフィードの出力機能を追加しました。
投稿本文の特定行のみを抽出表示する機能を追加しました。「1行目をタイトル、2行目以降を本文」などとして表示することも可能になりました。
ランダム表示機能を追加しました。
投稿画像サイズの上限を制限しない設定にもできるようになりました。
最終更新日時を挿入できる外側スキン用キーワードを追加しました。
月の名称を文字で表現する機能を追加しました。和暦(睦月~師走)、英語(Jan~Dec)などを表示できます。
ブログタイプスキンを新規追加しました。タイトル付きのブログのように表示できます。
既存の標準添付7種類のスキンも新機能(RSS出力機能など)に合わせて更新しました。
●画像の容量制限をMB単位やKB単位で指定できるようになりました。
●RSSフィードのURLを出力する外側スキン用キーワードを追加しました。
●絶対URIで「てがろぐHOMEへ戻るURL」を挿入できる外側スキン用キーワードを追加しました。
●絶対URIで「パーマリンクURL」を挿入できる内側スキン用キーワードを追加しました。
●過去の投稿を編集する画面から新規扱いで投稿した場合の日付に関する不具合を解消しました。
●ウェブサーバのログファイルにWarningが記録されてしまう可能性がある問題を解消しました。

▼今回の大きな機能追加:
🌸RSSフィードの出力機能を追加しました。
最新の投稿を案内できるRSSフィードの出力機能を搭載しました。tegalog.cgi?mode=rss のURLで表示できます。特定のハッシュタグに限定したRSSフィードや、特定のユーザに限定したRSSフィードも出力可能です。
※RSSフィードに収録される件数は、「1ページあたりの表示件数」と同数です。
※RSSフィードでは、投稿1行目の最大30文字が「記事タイトル」として扱われ、2行目以降の最大100文字が「本文抜粋」として扱われて含まれます。(ただし、投稿が全1行しか存在しない場合はタイトルにも本文にも1行目を採用します。1行目が空行の場合や、1行目に画像しか存在しない場合は記事番号がタイトルになります。
※例えば tegalog.cgi?tag=Hashtag&mode=rss というように、ハッシュタグ指定URLの後に「&mode=rss」を加えると、ハッシュタグ「Hashtag」が付けられた投稿に限定したRSSフィードが得られます。
※出力形式はRSS2.0です。現在の仕様では、言語は「ja」、標準時は「+0900」で固定出力されます。将来的にはRSS用スキンを自由に作成することで修正可能にする予定です。

🌸投稿本文の特定行のみを抽出表示する機能を追加しました。
投稿本文のうち「1行目だけ」や「2行目以降全部」などのように、一部分だけを別々に表示できる機能が加わりました。この機能によって「1行目をタイトル、2行目以降を本文」などとして表示することも可能になりました。これらの機能は、新たに追加した「ブログタイプスキン」やRSSフィードの出力でも使われています。
※例えば、[[COMMENT:TITLE]] で投稿の1行目だけがプレーンテキストで挿入されたり、[[COMMENT:BODY]] で投稿の2行目以降(最後まで)が挿入されたり、[[COMMENT:LINE:5]] で投稿の5行目だけが挿入されたりします。そのほか、多数の書き方が追加されています。
※詳しくは、リリースノートの独立項目『新スキン「ブログタイプスキン」を作りました!』をご覧下さい。


▼今回のその他の機能追加:
🌺ランダム表示機能を追加しました。
既存投稿の中からランダムに選ばれた1つが表示される機能を追加しました。tegalog.cgi?mode=random のURLで表示できます。再読込する度に、別の1投稿がランダムに選ばれて表示されます。 #ランダム
※現状では、全投稿番号を対象にしてランダムに選ばれます。(選ぶ範囲を限定することはできません。)
※ToDoリストや備忘録として使っている場合、昔々の投稿は流されて忘れてしまいがちなので、適度に思い出す用途にご活用下さい。(^_^;)

🌺投稿画像サイズの上限を制限しない設定にもできるようになりました。
画像投稿の際に、投稿可能な画像ファイルサイズの上限を無制限にも設定できるようになりました。(標準で無制限になっています。) #画像
※ただし、設定値に関係なく30MBを超えるサイズを扱おうとすると通信が拒否されます。(仕様)
※Ver 2.0.0で初搭載した画像投稿機能では、画像1つあたりの上限サイズと、投稿可能な総容量の上限サイズが設定できましたが、どちらも無制限には設定できませんでした。Ver 2.1.0では両方を無制限にできます。

🌺最終更新日時を挿入できる外側スキン用キーワードを追加しました。
最終更新日時(最後に投稿または編集した日時)の表示ができる [[INFO:LASTUPDATE]] が外側スキンで使えるようになりました。
※これは「最新投稿の投稿日時」ではなく「最後にデータが更新された日時」なので、過去投稿を編集・削除しただけでも、その時点の日付が「最終更新日時」になります。(もちろん、新しい投稿をした直後は、最新投稿日時=最終更新日時になります。)
内側スキンに記述できる投稿日時の指定と同様に、[[INFO:LASTUPDATE:Y年M月D日(b) h:m:s]] などの書き方を使えば自由な日付形式を作って表示できます。

🌺月の名称を文字で表現する機能を追加しました。
J:和暦の月名(睦月~師走)、E:英語の月名フル表記(January~December)、e:英語の月名略式表記(Jan~Dec)の3種類を加えました。外側・内側スキン共に、日付の表記方法を指定できる箇所で利用できます。 #日時
※例えば今が6月のとき、[[DATE:M月]]なら「06月」と出力されますが、[[DATE:J]]なら「水無月」と出力されます。[[DATE:E]]なら「June」と出力され、[[DATE:e]]なら「Jun」と出力されます。

▼今回の標準添付スキンの改良:
🌷ブログタイプスキンを新規追加しました。タイトル付きのブログのように表示できます。
詳しくは、リリースノートの独立項目『新スキン「ブログタイプスキン」を作りました!』をご覧下さい。
🌷既存の標準添付7種類のスキンも新機能(RSS出力機能など)に合わせて更新しました。
※RSSフィードの存在を自動認識させるためには、HTMLソースのhead要素内に「RSS Auto-Discovery」の記述が必要です。今回の配布スキンには、RSS Auto-Discoveryの記述を加えてあります。
自作のスキンでRSSフィードの存在を自動認識させたい場合には、これらのスキンに書かれている記述を参考にして追記して下さい。
※RSS Auto-Discoveryは <link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSSフィード題名" href="RSSフィードのURL"> のような記述のことです。これをHTMLのhead要素内に書いておくと、ブラウザやRSSリーダなどは「このページ用のRSSフィードはここにあるのだな」と認識できるようになります。


▼その他の細かな機能改善: #仕様改良 #スキン用キーワード #不具合修正
●画像の容量制限をMB単位やKB単位で指定できるようになりました。(少し分かりやすくなりました!)
●RSSフィードのURLを出力する外側スキン用キーワードを追加しました。[[RSS:URL]]にはRSSフィードの位置が相対パスで挿入されます。[[RSS:URL:FULL]]にはRSSフィードの位置が絶対URI(=httpで始まるURL)で挿入されます。
●(相対パスではなく)絶対URIで、てがろぐHOMEへ戻るURLを挿入できる外側スキン用キーワード [[HOME:URL:FULL]] を追加しました。
●(相対パスではなく)絶対URIでパーマリンクURLを挿入できる、内側スキン用キーワード [[PARMAURL:FULL]] を追加しました。
●過去の投稿を編集する画面から『新規投稿』を選んで新規扱いで投稿すると、前の日付がそのまま引き継がれてしまう不具合を解消しました。
●ウェブサーバのログファイルにWarningが記録されてしまう可能性がある問題を(さらに)解消しました。(Ver 2.0.0で大幅に解消しましたが、さらに対策をしました。)

以上、ご活用頂ければ幸いです。
軽微な不具合修正も含んでおりますので、バージョンアップ頂くことをお勧め致します。

:3955文字 修正

てがろぐVer 1.4.1を公開しました! #Update

てがろぐ Ver 1.4.1 を公開しました。投稿日時の手動調整機能を加えた点が主な更新点です。
https://www.nishishi.com/cgi/tegalog/

アップデートするには、tegalog.cgifumycts.pl の2ファイルだけを上書きアップロードして下さい。
データファイルや設定ファイルは、すべてそのまま引き継げます。

🆕 Ver 1.4.1の更新点(概要):
投稿日時の文字列を手動で設定(修正)できる機能を加えました。(ただし、標準設定ではOFFになっています。)
存在しない日時を投稿日時に設定できるオプションを加えました。(ただし、標準設定ではOFFになっています。)
※これらの機能をONにするには、管理画面の「設定」2ページ目にある当該チェックボックスにチェックを入れて保存して下さい。
「Twitterっぽいスキン」のCSSを微修正しました。

▼今回の主な機能追加:
🌺投稿日時の文字列を手動で設定(修正)できる機能を加えました。
管理画面の「設定」ページの「投稿欄の表示」タブで、投稿日時を自力で修正するボタンを表示するかどうかを設定できるようになりました。ただし、標準ではOFFです。 #日時
※この機能をONにすると、入力欄の下部に「日時」ボタンが表示されます。押すと、投稿日時を自力で入力するフォームが出現し、YYYY/MM/DD hh:mm:ss形式で自由な日時を指定できます。
※ただし、ここで過去や未来の日時を入力してもソート(並び替え)はされません。単に、記録日時を自由にできるだけです。
※新規投稿時だけでなく過去投稿の編集時にも日時ボタンが使えますので、過去の投稿の日時を変更することも可能です。

🌺存在しない日時を投稿日時に設定できるオプションを加えました。
管理画面の「設定」ページの「投稿欄の表示」タブには、存在しない日時を許容するかどうかを設定できる項目も追加されています。標準ではOFFです。
※この機能をONにすると「15月72日」のような存在しない日時でも入力可能になります。この機能がOFFの場合は、存在しない日時が入力された場合には現在日時に強制修正されます。なお、存在しない日時が入力された場合には曜日は計算されず「?」表記になります。
▶公式マニュアル内の『新規投稿・再編集』項目内にある「投稿日時の手動指定(オプション)」欄で仕様を詳しく解説しておりますので、併せてご参照下さい。


▼今回の標準添付スキンの改良:
🌷Twitterっぽいスキン(ブルー・ピンク共)で、引用の後に書いたリンクの装飾が正しく適用されない問題を解決しました。付属CSSを修正しておりますので、お使いの場合は差し替えて下さい。

以上、ご活用頂ければ幸いです。

:1206文字 修正

DASHBOARD

■リリースノート内を検索:

■最近の投稿:

■その他のご案内:

▼現在の公開バージョン:

配布版:Ver 3.4.0

▼ご質問やご要望がある場合:

ご質問やご要望がある場合は、動作テスト用てがろぐもご利用下さい。事実上のサポート掲示板にもなっておりますので。(^_^;)

編集

■日付検索:

▼現在の表示条件での投稿総数:

2件

このリリースノートも、てがろぐCGIを使って生成しています。
てがろぐCGIでページの生成に使用しているスキンファイルの実体は普通のHTMLファイルですから、一般のウェブページと同様の手順で自由に書き換えられます。

Powered by てがろぐ Ver 3.4.0.

--- 当サイト内を検索 ---